これまでネットで稼いだ合計は「諭吉228人」と判明した|注:7年分でっせ

「諭吉が228人」という文字と、ターバン諭吉がたくさんの画像 ネット収入公開

私は、借金返すのを忘れていたアホなのだが、でもまあ、「借金返せなくなるヤツ」って、だいたいそういうスタンスだよね。

毎月きちんと、入りと出を把握して、なんなら家計簿とかデータをこしらえて、「計画的に生きているひとたち」は、そもそもやにわに借金かかえたりしないし。

ちょうど2年前に、グランドピアノを全額ローンで購入した。
いくらだっけ? 忘れたなあ。

たしか、前に住んでた中古マンションの売却価格と、おんなじぐらいだったと思う。
それも、いくらだったか忘れた。

いろんなことが、すみやかに忘却のかなたへ消えていく。
パートで、ずっとしんどかったことも、遠いむかしのようだ。

とりあえず「借金は返さんとあかんな」と認知した。
そうしないと、「グランドピアノ → ドナドナ」の憂き目に遭いかねない。
じゃあ、ゼニ作ること、考えんとな。




それで、おお、そうだ!
「ネットで小銭集めようキャンペーン」を再開するべ。

で、ふと思ったんだが、私って、これまでネットでどんなことやったんだろう?

  • 古本せどり 2014年4月~2015年12月 ※親の介護でやんぴ
  • ポイ活 2016年12月~2018年5月 ※飽きてやんぴ
  • アンケート(マクロミル) 2016年12月~
  • グーグルアドセンス 2017年4月~
  • アフィリエイト(A8.net) 最近はじめたのにスゴい(驚)

これだけだね。
古本せどりをはじめたのが、2014年4月。もう7年前だ。

せどりは、一時けっこうがんばってたの。こんな一覧表も作ってさ。

古本せどり一覧表の一部

古本せどり一覧表の一部

ねえ、粗利が4ケタのヤツもときどきあるよね。
いま思うと、古本はわりと儲かるモンだった。アマゾンの集客力がズバ抜けているからね。




専門書がほとんどでしょ? 仕入れも、それなりにおもしろかったよ。
注文が入ると、そりゃもううれしくて。ぱああっ!

でも、ブックオフが、アマゾン中古の値付けをモロに反映して、ほぼぜんぶ高値になったから、古本せどりは儲からなくなった。

それにしても、じゃあ、いったい、これまでどんだけ儲かってん?

ってことで、おおよそさーっと、上の4つを集計してみたら、2,284,157円だった。

どこが小銭やねんって、おもくそどつかれそうやけど、まあ2014年からの合計やさかい。
1年で → 326,308円、1ヵ月で → 27,192円、1日で → 906円、ほらあ、小銭やん?!

このうち、約8割が「広告収入」である。

あのさあ、堀江さなえさん(ビリーフリセット認定カウンセラー)が、前に私にこう言われたんだよね。

堀江さなえさん

 

春子ちゃん、広告のお仕事で、いいんじゃない?

いやだぁーっ、もっとちゃんとした仕事がいいーっ!

「ミッション」みたいな、カッコいいヤツがいいーっ!

だれかに言ったら「スゴいですねえ」って感心されるヤツがいいーっ!

って、ダダこねてた私だったが、いやあ、とりあえずこんだけ入ってきているんだから、おまい、ソレやれよっ?!




すいませんねえ、ぜんぜん金額を把握しとりませんでした。
てか、そんなこと、なんにも話していないのに、堀江さなえさん、さすがですねえ!

ことほぎ : 思い込みを手放し「私」で生きる
こころと身体、五感を通じて、本質の「自分」を見出す、心理カウンセリング、ビリーフリセット・セラピー、講座を提供している「ことほぎ」です。

あれえ?
もしかしたら、パートより、ネット小銭のほうがよかったんかねえ?

そうかもしれないね。
あと、ちゃんと勉強したらよかったね。

なにひとつ勉強しとらんからね。
勉強せんでも勝手に入ってきてコレだから、もっときちんと勉強してたら、もっとガッチリ収入源になっていたよね。

ネット小銭のすごくいいところは、「マイペースでできること」である。
ひとりで完結するから、そんなにストレスにならない。




とくに広告は、お客さんとか取引先とか、関係ない。
ほんとは、ちゃんと「広告主」を意識しないといけないけど、まあねえ、薄めでもだいじょうぶだよね。

こーんな、なんの役にも立たないクソみたいなブログ書いてるだけでさ、諭吉がやってくるんだもん。

あ、でも、その諭吉をよこしてくれるのは、読者さんだよねえ。
それはね、いつも「不可解」ながらも、そうだ、そのとおりだ、でもヘンだとよく思ってるのよ。

「だれかが1ページ読んでくれると → 0.26円、あざーっす!」ってわかっている。

いや、ちがった。
あまりにも細けえ話だから、そのホコリがどうして諭吉になるのか、じつはよくわからんのよ。

さらにもっとナゾなのは、これまでお越しになった「諭吉228人」が、いったいいま、どこにいらっしゃるのだろうか?

べつに、汚部屋を発掘しても、ほんまそれこそ小銭ぐらいしか見つからへんけどね。

タイトルとURLをコピーしました