トイレ介助をどこまでするのか?│決定権は意外な人物がにぎっていた!

日々のあれこれ

ちょうど一週間まえから、「母がデキなくなったコト」が、やや増えた。

いずれも「足腰のおとろえ」によって、デキないコトが増える傾向だ。

間近で母を見ていると、「ヒトの生活とは、手を使わずに、二足歩行がデキてこそ、スムーズに営める」のだと、しみじみ実感する。

お手数ですが、どれかをポチして → またお戻りください。とっても励みになります!

にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

まだ母は、2分ほどなら、かろうじて立っていられる。

だが、それは両手をどこかにしっかりつかまっている場合のみ。

両手は「立ち姿勢の保持」でふさがっている。

なので結局、「立ったら最後、もう手はまったく使えません」という状態。

だから、ズボンの上げ下ろしや、ドアの開け閉めがデキなくなる。

いやまあ、座っている姿勢から、立ち上がるまでも、かなり時間がかかるし、母も疲労困憊。

一週間まえからデキなくなったのは、つぎのとおり。

・室内でのシルバーカー歩行
・トイレでのズボン等上げ下ろし
・ズボン等の着替え (パジャマ← → 部屋着)




ズボンの着替えは、やってみるとかなりメンドー。

ベッド柵につかまって立ってもらう → ズボンを半ば下ろす → ベッドに座ってもらう → スリッパを脱がす → 靴下が脱げないように注意しながら、ズボンだけ脱がす → 替えのズボンを半ばまで履かせる → スリッパを履かせる → 立ってもらう → ズボンを上げる

母は、素足が苦手で、いつもスリッパを履いているため、スリッパの脱ぎ履きが必要。

また、靴下を交換するのと、ズボンの着替えは、べつべつを好むので、靴下が脱げないように、ズボン着脱となるので、これもひと手間かかる。

ユーチューブを見ていると、「立ち座りなしでのズボン脱着」方法もある。

けれども、母は「いままで自分がやっていたとおりがいい」とのこと。

やっぱり慣れ親しんだ「ふつうの脱ぎ着」のほうが、そりゃいいだろうね。

で、「トイレと着替え」にかかる時間は、合計約30分だ。

ふう、けっこうかかるねえ。

これが朝と晩の2回。

日中のトイレは、4~5回ていどで、これはたいしたことない。

トイレ内は手すりが3ヵ所あるので、ほぼ自力で立ち座りできる。

介助は、ズボン等の上げ下ろしのみ。




室内移動は、キャスター付きイスでやっているが、これもすぐに終わる簡易作業。

さぁて、これからどうなるかな?

と思案していたら、昨夜、急に母が、

「明日からは、自分でトイレに行く。

着替えも自分でする」と言い出した。

私は仰天した。

そもそも今月に入ってから、朝のトイレの行き帰りで、2回もコロんでいるのに。

けれども、私はこう言った。

「自分で行ってみたいの?」

「そうなの。

これまでありがとうね。

でも、自分で行けるようになりたいから、明日から行くわね

「そう。

もし怖かったら、ベルで呼んでね」




今朝、5時10分、母がシルバーカーを押して、トイレに向かう音が聞こえた。

私は、リビングにいたが、見に行くこともしなかった。

長い時間をかけて、母は自分の部屋に戻っていったようだった。

朝のしたくが一段落して、5時45分ごろ、母の部屋をのぞいたら、母はもう着替えを終えて、昼間の定位置の椅子に腰かけていた。

ほう。

しかし、疲れた表情を見せていた。

朝ごはんを食べているとき、母はポツンと、こう洩らした。

「寝ているときがいちばんラクだねえ」

もはや、立ち座りやトイレに行くことすら、苦行のようなのだろう。

でも、母が自力で、どこまでやりたいのか?

それは、母が決めることだから、私は見守りに徹しようと思う。

そう、「どこまで介助するのか?」は、母が決めることだった。

同じカテゴリーの、つづきはこちら
はじめてのお医者さんに言われた「衝撃のことば」とは?
母の食は、ますます細くなってきた。 おとつい│朝食:パン(小) 昼食:プリン(小) 夕食:ゼリー飲料1個 昨日│朝食:ゼリー飲料1個 昼食:ゼリー飲料1個 いくらなんでも、これでは少なすぎる。 お手数ですが、どれかを...
同じカテゴリーの、前回はこちら
突然あらわれた「糸クズたち」がウザくて困る│飛蚊症ですねん
「飛蚊症」になった。 2023年10月9日、急に右目に、黒い糸クズみたいなモノが、ヒョロヒョロ見えた。 まあ、数本ていどかね。 数十本も見えるわけじゃない。 お手数ですが、どれかをポチして → またお戻りください。と...
タイトルとURLをコピーしました