突然あらわれた「糸クズたち」がウザくて困る│飛蚊症ですねん

日々のあれこれ

「飛蚊症」になった。

2023年10月9日、急に右目に、黒い糸クズみたいなモノが、ヒョロヒョロ見えた。

まあ、数本ていどかね。

数十本も見えるわけじゃない。

お手数ですが、どれかをポチして → またお戻りください。とっても励みになります!

にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

けど、ずーっと糸クズたちが、上下左右勝手気ままに、私の右目でうごめいている。

さいしょのうちは、あ、髪の毛が!と思い、ついうっかり手で毛をつまもうとした。

そうじゃねえな。

こりゃ、きっと「飛蚊症」ってヤツだな。

日ごろは、まあ、そんなに気にならない。

しかし、キンドル(電子書籍)を読むときは、むっちゃうっとうしい。

糸クズ野郎が通過するたんびに、画面がかすむんだよね。

あたしゃ、キンドルと心中したいほど大好きなのに、おまいら、ソレ邪魔すんのかいっ?!




アタマにきたので、10月17日に眼科クリニックへ行った。

ウチで母ひとりにするのはあぶないので、至近の眼科へサッと行く。

お医者さんは、いろいろ診てくれた。

あの糸クズ、先生にも見えるんだね。

先生「ああ、飛んでる飛んでる」

そう言われると、なっ? ほんまやろっ?!て思って、すごくうれしかった。

で、やっぱり飛蚊症ってヤツで、

老化によるものです。

たいていそのままでいいですが、念のため、1ヵ月後に来てください」

なので、今日も行った。

母は、私が留守にするのを不安がっていた。

「帰りに買い物しても、2時間ほどで戻って来られるよ」と言っても、心配そうにしていた。

が、まあいいか、と割り切って、クリニックへ行ってしまう。

ひとりになれる時間があまりないので、クリニックでの待ち時間が楽しかった。




またまたキンドルを読みふけっていて、診察で呼ばれたら、ハラが立った。

先生はおかまいなしに、

「とくに変わりありません。

これからもし、大量に飛ぶとか、隅が暗くなるとか、そうなったら来てください」と言われた。

なるほど。

これからの人生、この糸クズらとともに、生きねばならぬのか。

ただ、わりと慣れた。

ウザいけど、そんなモンだ思えば、どうってことない。

さっさと買い物してウチに帰る。

母の部屋に入ると、暗く冷え切っていた。

節電のため、部屋のあかりは付けないし、エアコンもめったに入れない。




ラジオもテレビも付けずに、母は椅子に座っているが、暗くて表情もわからない。

以前の私だったら、「エアコン付けたら?」と思わず言っただろう。

でも、いまはなにも言わない。

母が寒そうにしていても、エアコンをどうするか?は、母自身にまかせることにした。

しかし、母から頼まれたことは、やるようにしている。

足親指の巻き爪は、カサブタも枯れてきて、もうじきはがれそうだ。

もちろんウミなんか出ていないし、痛みもない。

けれども、母は、その部分にガーゼを当てて、テープで二重に止めて欲しいという。

以前、化膿していて、ウミが靴下に付いてしまったので、またそうなることを怖れている。

こういう依頼は、快く引き受けている。

それで安心できるのなら、いいことだと思って「おまじない」としてやっている。

同じカテゴリーの、つづきはこちら
トイレ介助をどこまでするのか?│決定権は意外な人物がにぎっていた!
ちょうど一週間まえから、「母がデキなくなったコト」が、やや増えた。 いずれも「足腰のおとろえ」によって、デキないコトが増える傾向だ。 間近で母を見ていると、「ヒトの生活とは、手を使わずに、二足歩行がデキてこそ、スムーズに営める」...
同じカテゴリーの、前回はこちら
よろしくない介護の見本│そもそも私の態度がまちがっていたと気づく
このところ母は、めっきり口数が少なくなった。 思い返すと、数日前に内科クリニックで、「慢性腎臓病」と伝えられた直後から、無言状態がつづいた。 さて、どうしたものか? 私はとりあえず、検査結果の用紙などを、母に渡さず、自分で...
タイトルとURLをコピーしました