入院することになった│救急搬送された母│その2

日々のあれこれ

S山先生から、延命治療について、

「じゃあ、心臓マッサージとかは、どうしますか?」

とも尋ねられて、またまた仰天する。

あのさあ、そんなの、テキパキすぐ返事できる家族も、そんなにおらんでしょ?

お手数ですが、どれかをポチして → またお戻りください。とっても励みになります!

にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

あ、でも、そういえば亡父は日ごろから、

「延命、いっさいいらん。葬式もなし。献体するだけ」とずっと言っていた。

そうそう、父が入院したときも、お医者さんから私に、延命治療はどうするか?訊かれたわ。

で、私は「ぜんぶいりません」と、そうだよ、即答したよ。

そしたら先生「え?」

「ずっと父は『ぜんぶいらん』と言っていましたから」

「そんなこと、話し合っている家族も、めずらしいですね」と先生。

てなことを思い出した。

母とも、たまに話題に出していたが、なにせ母は、非常に迷うし慎重なので、もちろん未決のままだった。




S山先生が立ち去られたあと、さすがに私も、う~ん、どうしたもんか?と考えて、それまで読みふけっていたキンドルをパタリと閉じた。

すると、ほどなくして、こんどは入院手続きに呼ばれた。

ひええ、入院するって、それも聞いてないよっ!

まあ、私もなんどか入院したことがあるから、ああ、はいはいって感じで。

そうこうしているうちに、母の検査がもう終わったらしく、5階の急性期病棟へ案内された。

と、その直前、主治医のS山先生が来られて、

「血液検査で炎症があるようで。

左の肺の隅に、少し肺炎が見られますから、抗生物質を使いますね」とのこと。

ああ、肺炎ってなんだろう?

年寄りが、ソレになるとヤバいぐらいしか、わからん。

先日、内科クリニックでの検査では「炎症なし」と言われていたから、うう、その後に悪くなったんだなあ。




5階の「ココで待っていてください」と言われたイスに座っていたら、やっぱり涙が出てきた。

ごめんよう、母ちゃん、粗末にあつかってきて、ごめんごめん。

で、ふと入院のしおりを見ていたら、えっ?!

面会は、月2回で、時間は15分。

かつ、面会間隔は2週間以上空けること、と書いてある。

驚いて、そこらにいた看護師さんに尋ねたら、

「それは12月からで、11月までは月1回10分だったんですよ」

はああ、コロナ?とかの影響ですかね?

テレビを見ないので、さっぱり知らんかった。

しばらくしたら、母のベッドへ案内された。

やせ細った左腕に、2本も点滴されていて痛々しい。

「母ちゃん」と声をかけると、うっすら目を開けた。




「検査、しんどかった?」

「……うん。

動かないでいいけど、ガタガタ揺れて……しんどかった」

「あのね、ごめんね。

面会は、2週間に1回、15分だけなんだって」

「えっ?!

そんな……寂しいわあ」

母は、いまにも泣き出しそうに顔をゆがめた。

「うんうん、つらいよねえ。

でも、がんばって、ごはん食べてね。

食べて動けるようになったら、おうちに帰れるから」

と、私は言いながらも、その「ウチ」も、ほんとは母が気に入っていないしねえ、と思った。

母の「安住の地」が、どこにもないのだ。

同じカテゴリーの、つづきはこちら
「推定される入院期間」がわかってドギモを抜かれる│救急搬送された母│その3(最終回)
さて、入院当日であっても、家族が本人のそばに居られるのは、15分。 あ、11月中はまだ「10分が規則」なのに、5分オマケしてくれた。 でも、15分はあっという間。 母に「2週間後にまた来るからね」と手を振って、病室をあとに...
同じカテゴリーの、前回はこちら
えっ?! もうそんなエグい質問をされるのっ?!│救急搬送された母│その1
昨夜9時に寝たが、12時半に目が覚めてトイレに行ったら、母の部屋から灯りがもれている。 どうしたのか開けてみたら、 「照明のリモコンを落としてしまって拾えず、明るいので眠れない」とのこと。 眠剤半錠を飲んでもらい、灯りを消...
タイトルとURLをコピーしました