Gメールは「別メールアドレス」を無限に作れる

きっとそうだろうと思っていましたが、Gメールはやはりスゴさが突き抜けていました。

まずエイリアス機能(別メールアドレス)がスゴい。Gメールはエイリアス機能を使って「別メールアドレス」が無限に作れます。

たとえば、元々持っているメールアドレスが、「example@gmail.com」だったとします。

このメインアドレスに「+任意の文字」を付けて、いくらでも別メールアドレスを持つことができます。

〔例〕
アンケートサイト「マクロミル」登録用として、
example+macromill@gmail.com

こうして新しく作ったアドレスでも、すべてのメールが「example@gmail.com」にちゃんと届きます。

各サイトごとに一意のメールアドレスを登録すると、メールの振り分けを完全に行なうことが可能になります。これがいちばん大きなメリットですね。

というのも、そのサイトから来る発信元アドレスはひとつではありません。マクロミルを例にすると、アンケート配信とポイント交換受付・完了の発信元はちがうアドレスです。

Gメール以外のメールシステムでは、「宛先」や「件名」に含まれる文字を指定して、振り分ける方法がほとんどです。これでは、やはり振り分け漏れが出てきてしまいます。

ところが、Gメールでは、こうして各サイトごとにひとつのアドレスを割り当てられるので、受信したときの振り分けが完璧です。すべての受信メールをガバッと一括してもれなく捕捉できるのはホントすばらしい!

このエイリアス機能がたいへん気に入りましたので、いま古いメルアドをせっせと変更しています。