楽天スーパーポイントだって意識するとこんなに違う

そもそもポイントって嫌いだったんです。五十数年生きてきて、その間ずっと「ポイントってメンドくせえ~」と思っていました。ここでいうポイントは、リアルのお店のポイントのことで、お店で勧められるままに作るとポイントカードがどんどん増えてしまいます。

私はモノを増やすのも嫌いで、サイフもできるだけ薄く軽くしておきたい。だからポイントカードを持ち歩くのもイヤでした。

そうすると、そのお店に行くとハッキリ決めているときだけ、その店のポイントカードを持って行って、買い物してポイントもらう。ポイントにはたいてい期限があるので、それをまた管理しないといけない。

こんなに手間暇かけるのに、100円で1ptくらいしか貯まらない。メンドくさ~、ゲンナリ……。それでもう、ポイントを貯めるのはあまり意識しないようになりました。

楽天スーパーポイントもそのひとつで、長い間とくにがんばって貯めようとは思いませんでした。ところが、去年あたりからポイント全般に興味を持ち始めて以来、楽天スーパーポイントも積極的に貯めるぞ~とかなり気にするようになったのです。

私は楽天市場であまり買い物をしなかったのですが、アマゾンよりメリットがある商品だったら楽天市場で買うようにしました。楽天デビットカードも作りました。毎日の買い物はほとんど楽天Edyで払っています。

メインに使う銀行も楽天銀行にしました。楽天銀行って「現金プレゼント」とかでクリックすると1円もらえたりとか、ふんだんに小銭をくれるスゴくおもしろい銀行です。

「楽天リサーチ」というアンケートもやっています。「楽天ツールバー」では毎日30件検索すると一日5ptもらえます。「スーパーポイントスクリーン」は、スマホの待ち受けに入れて広告閲覧で、これまた一日10pt近くもらえます。「楽天e-NAVI」はパソコンで広告クリック、これもジャンジャン小銭が降ってきます。「楽天チェック」、特定のお店に行くと10ptもらえます。

他にも、メールに付いているクリックポイントをチマチマとか、ヤレくじ引きだの、ヤレスクラッチだの、ポイント山分けだの、本当にチリも積もればでけっこうなポイントが溜まっていきます。

2015年は、1年間合計の楽天スーパーポイントが 1,407ptだったのですが、2016年は 23,896ptでした。今年はまだ1ヵ月ちょっとで、もう 3,541ptです。

「ポイントを貯めよう!」と意識しただけでこんなに違いがあるなんてびっくりしています。まあ何もしないでいると、ホント何ももらえませんね。

いまはネットですぐに情報が手に入りますから、そこでわかったことをちょっと実行してみるだけでいろいろ変わるんだなあとおもしろいです。