家計簿モニターに苦労しています

あるサイトでやっている「家計簿モニター」に参加することにしました。守秘義務があるのでくわしいことはお話できませんが、ちょっとだけグチをこぼさせてください。

専用のスマホアプリから、すべての支払いについてそのつど内容を送信します。これがね、ほんとうに「全部」で、しかもかなり細かく内容を登録しないといけません。スーパーの買い物も一品一品全部なので、慣れないしタイヘンです。

一応レシートを読み取るのですが、だいぶん補わないといけません。それに加えて、商品のバーコードを読み取ります。お店のなまえ、買った時刻、バーコードの有無、商品名、商品のカテゴリ、消費税等々。

私はケチなので滅多に買いませんが、缶コーヒーとかを買ってもちゃんと登録しないといけなくて、これはうっかりすると缶のバーコードを読み取るのを忘れて捨ててしまいそうです。

お店の情報などは一度登録すれば、つぎからは選ぶだけです。たぶん慣れればラクになると思いますが、いまはまだ四苦八苦です。水光熱費、通信代、社会保険料とかも全部。

でも、すべての支払いを把握できるので、きちんと家計簿ができてしまうのは大きなメリットですね。こういう記録はわりあい好きなので、一品ずつキレイに登録できた画面はなかなかいい感じです。

私は一人暮らしで買うものも限られていますが、家族の家計はすっごくたいへんでしょうね。コレ、ふつうの主婦でやっているひと、ホントえらいと思います。

けどねえ、私のデータってずいぶん偏りがあるような気がします。50代未婚女性という属性なんですが、みんなこんなにビンボーかねえ……。ビンボー人のデータってあんまり役に立ちそうもない。

こういうデータを利用する会社は、やっぱり何か商品やサービスを売りたいわけです。ところが、私はとにもかくにも買わないように買わないように生活しています。んなもん、乾いたゾウキンみたいなもんで、水一滴出てきません。

このモニターをやるのも、一ヵ月ごとに小銭をいただけるので応募しました。もしかしたら貧困ビジネスのネタくらい提供できるかもしれませんので、がんばって毎日データ送信に励みます。