そこそこ楽しい確定申告

去年ちょっとだけパートに行っていました。8月下旬に面接を受けてすぐに採用してもらえたのですが、ヘタレな私はじきにしんどくなってしまって、10月4日に退職しました。

五十代なかばで何のスキルもないオバチャンを雇ってくれるところは、ほんとうになかなかありません。せっかく気持ちよく雇ってくれたのに、すぐに辞めてしまって悪かったなあ……

その職場からちゃんと送ってきてくれた源泉徴収票をながめていると、上司のひとや、仕事をていねいに教えてくれた先輩のことが、いろいろと懐かしく思い出されました。

さて、確定申告の準備です。じつは申告書を作るのがわりあい好きなんです。ネットの「確定申告書等作成コーナー」でポチポチ入力すると、キレイに申告書ができあがるので、けっこう楽しいのです。

好きといっても、作るのに取り掛かるまではかなりユウウツです。確定申告をしないといけない年は、お正月のころから「ああ、今年は申告しないといけない」とずっと気にしています。毎日毎日気がかりなのに一向に手を付けられなくて、たいてい締め切りの二日前くらいにようやく慌てて作っていました。

今年は非常にめずらしいことにもうできてしまいました。マイナンバーの確証が必要になっていて、通知カードと運転免許証のコピーを付けないといけませんでした。

確定申告をするからには全部の収入を申告しないといけないので、せどりのハナクソ程度の収入も入れて、ついでなので、ミミクソ並みのポイント収入も入れておきました。何をどう入れても、総所得が基礎控除をずいぶん下回っているので、痛くもかゆくもありません。

できあがった結果、パート先で源泉徴収されていた3,254円の所得税を、たぶん全部返してもらえそうな見込みです。うれしいなあ……。申告書は来週月曜日にレターパックライトで税務署に送ることにしました。