人生観が変わる「タダG」

去年12月ごろからポイントが気になり始めました。最初のうちは、有名なポイントサイトにちっとも気が付かなくて、たまたま自分でわかった「Gポイント」をやっていました。

ビッグローブと契約しているとGポイントが付きます。私は、ネットプロバイダと格安SIMがビッグローブなので、Gポイントというものがあるんだなあとわかったのです。

Gポイントのサイトをウロウロしたり、そこにある無料コンテンツをネットで調べたりするうちに、ゲームやアンケートでポイントが貯まるとわかりました。

Gポイントは、大手が経営していて良心的なサイトです。1ポイント=1円でわかりやすいし、無料コンテンツもたくさんあります。

その無料コンテンツのひとつに「タダG」というのがあります。名刺のデータ入力のお仕事です。名刺会社が委託しているようで、スキャン後細分化した名刺の画像を見て、それを入力していく作業です。

10画面入力して1ポイント(1円)もらえます。ただ入力の正誤判定もあるので、全部が有効にはなりません。ときどき外国の名刺もあり、長いアルファベットの入力はなかなか時間がかかります。

10個入力で1円、100個で10円、1,000個で100円です。私はタイピングが遅いので、1時間みっちりやっても150個くらいしか入力できません。時給になおすと 15円です。

むむ、これは安いですかね? それでも一日6時間もやれば 90円です。一ヵ月がんばれば 2,700円にもなります。一年だったら、なんと32,850円! たかだか時給15円でも毎日積み上げるとスゴい金額になるものです。

しかもこの作業はやり出すとなかなかおもしろいのです。一時間くらいは楽しくあっという間に出来てしまいます。さすがに朝から晩までやり続けるのはムリですが、音楽を聴きながらだったら、カタカタらくに入力できてしまいます。

しばらくやっているうちにこの「時給15円」がひとつの基準になりました。ココを原点にすると、人生観が大きく変わります。一時間ガッツリ取り組んでもらえるお金が、十円玉と五円玉だけ。それでも、名刺会社にりっぱに労働を提供しています。ふう、よくがんばったなという達成感もあります。

私にとって1円の重みが大きく変わる体験でした。いま、モノを買うときにとても慎重になっていますが、それが窮屈かと言えばそうでもなくて、むしろ自分の物欲をちょっとコントロールできているようで心地よいです。