WordPressの入門書、一冊だけに絞りました

昨日やっとレンタルサーバーにWordPressをインストールできました。このブログをそこへ引っ越しさせたいのですが、まだまだ時間がかかりそうです。

WordPressの入門書は二冊持っているのですが、ふたつ見比べながらやるのは混乱のもとでした。WordPressは自由度が高いせいもあって、細かいところがいろいろちがっています。どちらでもいいのですが、両方見ていると迷ってしまってモヤモヤします。そこで、まずは一冊だけを一通り勉強することにしました。

「できる100ワザWordPress」という本です。2014年12月1日初版発行なのでちょっと古いかなと思いましたが、いまのところ記述が古くて困ることはありません。

この本は、去年職業訓練で通っていた専門学校で指定されていたものです。入学した5月に買ったんですが、これまで全然読んでいませんでした。WordPressのインストールのやり方はずいぶん悩みましたが、そこを通過すると少しラクになりました。ちょびちょび読んで、そこに書いてあることをWordPressの管理画面からもっちゃもっちゃやっています。

ネット上では「WordPressはかんたん」とか「無料ブログをやっているひとならスグできる」とかよく見かけますが、いやあ、むずかしいですよ。私は以前FC2でブログをやっていて、いまここのファンブログでやっていますが、無料ブログとWordPressはかなり難易度に差があると思います。ひとつひとつの操作はわかってしまったらカンタンですが、そこに行きつくまでが大変ですね。

それに、初心者がレンタルサーバーを借りて独自ドメインを設定するというのもなかなかハードルが高いです。まず、どこのサーバーを借りるのか、どこでドメインを取るのかというだけでもしんどいです。選択肢がいろいろあるとそれだけでわからなくなってしまいます。

私は、エックスサーバーを借りて、ムームードメインでドメインを取りました。けれども、入門書の例はいろいろで、いま勉強している「できる100ワザWordPress」では「さくらのレンタルサーバーでさくらのドメイン」です。もうこれだけでわからないことが噴出してずいぶん困りました。

きっと優秀なひとは根本的な理解ができているので、べつに会社が変わったからといってマゴマゴしないんだと思いますが、私は応用がきかなくてアホ丸出しです。もともと低スペックなんだから、まずは一冊をゆっくりじっくり勉強してみます。