ブログを読んでくれてありがとうございます

私は人付き合いがたいへん苦手です。いまでは友だちもいません。けれども寂しいと思うことはなく、ひとりでのんびり過ごす生活が気楽でいちばん自分らしくいられます。

これでも四十代くらいまでは、だれかと付き合ったほうがいいかなと思って少しは努力をした時期もありました。たまたま自分に近づいて来るひとがいれば、そのひととウマくいくようにある程度がんばってみました。

まあ、私は見るからに変人っぽいですし、その私に接近してくるひとというのはやはりアレなひとなんです。友だちがいなくて寂しいひとが近づいて来るんですよね。ワラをもつかむような思いで私をつかむんですが、いやホント、私はワラそのものでして、そういうひとがネチネチひっついてくるとすぐにウットウしくなってしまって、ああもう別のワラ探してくださいな! ブチッ! と関係を断ってしまいます。申し訳ないなあと思うものの、やっぱりメンドウになってしまいます。

いま思い返すと、そのひとと話していてちっとも楽しくないことがいちばん問題でした。なぜ楽しくないかというと、自分が話すことをガマンして、できるだけ相手の話を聴いてあげるようにしていたからです。そうすると、たとえば私は小さなコドモにまったく興味がないのですが、子育ての悩みとかを延々と聞かされてしまう。これでは付き合っていてもしんどいだけでした。

そもそも自分の話ができなかった理由は、私が興味を持っている分野があまりにもふつうのヒトとは違いすぎているからです。私はネットが大好きです。だからネットビジネスにもすごく関心があって、アフィリエイトやポイント稼ぎ、せどりにワクワクします。ネット以外で好きなものは、野宿とかクラシック音楽とか。どうもふつうのひとには話しづらいことばかりです。結局、5年前に最後のアレなひとともお別れして、以来ずっとだれとも付き合わない日々を過ごしてきました。

けれども、自分の話をだれかに聞いてもらいたいという欲求はボンヤリとありました。自分が考えていること、感じていることを一方的に話せたらスッキリするよなあという誠に自分勝手な思いです。しかし、さすがにそういう相手は見つからないでしょうし、やっぱりだれかを目の前にしてそこまでワガママには振舞えない。

ところが、思いがけずその望みがいま叶えられています。それは、このブログです。

今年1月1日からテキトーにはじめたブログなのですが、なぜか毎日読みに来てくれるひとがおられます。ホントにね、なぜですか?とお尋ねしたいところです。だって、なにひとつ役立つことは書いていませんからね。きちんと説明できないので、ポイント稼ぎのノウハウも書いていません。このブログを読んでなにかトクになることは微塵もないのですが、そ、それなのに読んでくれるひとがいるという驚愕の事実!

ありがとうございます。ただもうひたすら感謝です。できることならポイントでも発券したいくらいです。だれかがブログを読んでくれることが、いまいちばんうれしくて励みになることですね。アフィリエイトしたいとかいつもウワゴトみたいに言っていますけれど、それよりも見知らぬだれかがブログを読んでくれるほうが、私にとってホントウの喜びかもしれません。

最後になりましたが、前のブログのファンブログで「いいね!」ボタンを押してくれたかた、ホントにありがとうございました。せっかく押してくれた「いいね!」なのですが、こちらのWordPressに移すことができないようなんです。すみません。でも、よかったらこれからも読んでくださいね。