ビビりまくり高速道路、大名行列を大量生産

うおおお、高速道路に入ってもうた! さっきまで40キロがやっとでヨタヨタ走っていたというのに、まだまっすぐによう走らんというのに、高速に入ってしもうたがな! はあはあ、しかたがない、落ち着いていちばん左をゆっくり走ろう。いちばん左にいたら大丈夫、いちばん左……ええっ?! 車線が1本しかないじゃん?!

これは……片側1車線ですかね? もしかしてアノ恐怖の「対面通行」ってヤツでしょうか? うそ~ん?! 高速って絶対2本以上あるんじゃなかったっけ? 私は大パニックになりました。なぜにこんな生き地獄に突き落とされたんだ? しかし!とにかく走らないといけない、ブレーキなんて踏んだらいけない、ハンドルまちがったら正面衝突!

いやもう必死こいて運転しながら、焦点の合わない目にふと映ったのは「制限速度70キロ」という表示。うわっ、私いま60キロだよっ! やっとの思いでバックミラーをのぞくと……ズラ~~~~~ッと私の後ろに延々とおクルマの列。ああもう、最後尾なんて見えないよ。

いかんいかん、ココでアセッて事故ったらホントの地獄行き。「落ち着け~っ、落ち着け~っ!」と大声を出して気を静めます。はあ、すまんのお、皆の衆、今日は忍耐力を鍛える日と思ってあきらめてくれんかのお。

というわけで、ここはもうハラをくくって盛大に「大名行列」をこさえることにしました。ま、大名行列になっちゃうのは昔からしょっちゅうなんで私は慣れているんですよ、私は。けれどもみなさんには悪い、申し訳ない、ココは高速道路だというのに。せめてもの最大限の努力をはらって70キロをめざしました。

幸か不幸か前方にはまったくクルマがありません。たぶん5キロくらいはなにもない。車間距離なんて無縁の高速道路、ただただ私のマイペースでひたすら運転を続けます。後ろを見ると気分が悪くなるのでもう見ないことにしました。

しばらくがんばると、高速の出口と入口が近づいてきました。すると、おお! 車線が1本増えたではありませんか! と、次の瞬間、後ろからダダダダーッと大量のクルマが追い抜いていきます。みなさん、ここぞとばかりドワ~ッと追い越して行きましたが、ええと、そのうちまたまた車線がひとつなくなって片側1車線になってしまいました。えっ?なんで?ずっと2車線じゃないの?

アタマのなかは「?」だらけなんですが、とにかく走らないといけない。そうこうするうちに、ふたたび大名行列ができあがっています。またかよぉ。そのとき、前方にトンネルが見えてきました。トンネル怖い! で、なにかするんだよな? なんだ? そうだ、ライトだ! おわ~っ、もう入っちゃったよ! なんか回すと付くんだよ、あ、付いた! 奇跡的にライトが付きました。トンネル事故なんて死にそう、つかホント死ぬんで、もう70キロはあきらめてとにかく走ることにしました。怖えぇ~。

ようやっとサービスエリアが出てきたので、やれやれやっと高速から離れました。クルマを停めてからしばらくは放心状態。ああ、いったいなにが起こったんだろう? そうだ、ここは地方だからなんだ。地方の高速って片側1車線なんだなとようやくわかってきました。

自分のウチも地方なんですけど、高速に入ればずっと2車線だったんで、ふへぇ、片側1車線の高速にはビビりました。よく考えたら、昨日ここへ来るときは高速バスに乗ってきたというのに、車中では景色しか見ていなかったので、片側1車線なんてまるっきり気がつきませんでしたよ。

しばらく休憩してからサービスエリアを出ましたが、もうね、スピードは割り切ることにしました。目標70キロ。制限速度ギリギリで勘弁してもらいましょう。それで、相変わらず大名行列をズラ~ッと作り続けて、まあそれでも出入口は2車線になるとわかったので、そこでドドド~ッと追い越してもらって……を繰り返しつつ、ちょびちょび運転を続けました。

ものすっごく疲れるので、サービスエリアに来るたびに大休憩。
↓黒いクルマってはじめてですが、なかなか気に入っています。でも、黄砂にまみれてすでに薄汚ねぇよ。

シコシコのざるうどん、500円。

この時点でまだようやく半分くらい。あと100キロ以上走らないといけません。前途多難。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ランキングに参加しています。
応援してもらえたらとってもうれしいです。