自由気ままな生活

昨夜は久しぶりにたっぷり寝られた。9時間昏々と眠り続けて寝覚めもすっきり。ああ、気もちいいと、起きてからものんびりしていたらすぐに12時で昼食を取る。このごろお昼ごはんは、冷凍スパゲティが定番。トレイに入っているヤツで、電子レンジで温めるだけ。皿を洗う必要もなくめっちゃラクチン。超絶ズボラの私にぴったりだ。

もう1ヵ月ほど洗濯していないので気になっていたが、午後3時にはまたも眠気をもよおす。すなおに欲求にしたがってまたフトンにもぐり込む。エアコンをよく効かせてフトンにくるまっているのが心地よい。

目が覚めたら午後6時。しばらくネットをだらだら見てから、8時ごろスーパーへ買い出しに行く。寿司を買ってきてたいらげて、またネットだらだら。とまあ、また洗濯しそびれたが、やらなくてもどうってことない。

ぐっすり眠って、好きなものをゆっくり食べて、存分にネットに浸って、という生活だけで本当に楽しい。そうか、これが自分軸で生きるってことなんだ。

ほんの2ヵ月前は、こういう生活にまだ罪悪感を覚えていたんだよね。ダメじゃん、ちゃんと〇〇しなきゃ。〇〇というのは、仕事とか洗濯とか風呂とか掃除とか炊飯とか。ふつうのヒトがやってるんだから、ホラ、オマエもやれよ!って自分を責め続けていた。

でも、そういう他人軸をやめた。私はふつうのヒトが当たり前にできることができない、ということをやっと認められた。それでもかまわないよ、とようやく自分に許可を出せるようになった。

できないことを全部やめて、やりたいことだけやっていても、べつに誰も私を非難しない。コレって当たり前のことなのに気が付かなかった。そうそう、私は自分の好きなように生きてかまわない。まったく自由なのだ。

自分で自分をしばりつけていたけど、それをやっとやめた。それだけのことだった。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ランキングに参加しています。
応援してもらえたらとってもうれしいです。