55歳以上、ハロワでは「シニアコーナー」

訓練校から歩いて5分のところにハローワークがあってすこぶる便利。学校がはじまる1時間半前に、そこのハローワークへ出向いて、昨日見つけて悶絶していた会社に応募する手続きをした。ハロワのスタッフさんがすぐにその会社に電話してくれたが、あいにく採用担当のひとがお休みだった。まあ、でも応募書類は本社へ送ったらいいそうなので、さっそく紹介状を発行してもらった。

ところで、そこのハロワの受付では「54歳以下」と「55歳以上」では受付窓口がちがうようだった。今回、私はすでに応募したい会社が決まっていたので、紹介状発行の窓口に直行したのだが、「55歳以上」ってなにがどうなるんだろうと非常に気になる。

すると、55歳以上ならば「シニアコーナー(生涯現役支援窓口)」という窓口になるらしい。そうかあ、私はもうシニアなんだ。朝早くて空いているので、ついでにその窓口で「シニアの具合」を尋ねてみることにした。

私「55歳だったら、どんな職種が採用されやすいでしょうか?」
スタッフさん「そうですね、いちばんは介護です。それから清掃のお仕事と、調理補助のお仕事ですね。男性だったら警備員も大丈夫です」

ほう、地元のハロワでは「介護か清掃」としょっちゅう言われていたけど、そっかぁ、調理補助もいけるんだ。っつ~ことは、やっぱり丸亀製麺が急浮上! 介護はね、腰が痛いし、足も手も腕も痛いところだらけだからムリ。清掃もしんどそう。基本的に、カラダを使う仕事は自信がない。いや、アタマも自信ないけど。

それにしても、やっぱり事務職はほぼダメっぽい。それ以前にウェブだのデザインだの口走っていた私は、底抜けのアホウだった。この分だと、不動産会社でも、資格を持っていてもかなりアブない。参考までに、自宅からいちばん近い不動産屋の求人について調べてもらった。

スタッフさんはすぐその会社に電話して「55歳の女性が応募を検討しているのですが……」と言ったところ、しばらくの間、相手の会社さんの話が一方的に続いていた。ああ、やっぱりダメなんだなと思ったが、電話が終わり、ハロワのスタッフさんいわく「う~ん、年齢というより女性にはキツすぎるという感じでしたね。キツくてすぐに辞めてしまうそうです」

うひょ~、聞きしに勝る恐ろしげな業界だ! 私も昔は、朝7時出勤、夜10時退出をこなしていたけど、いやあ、いまはもうムリムリ。でも、応募前にちゃんと実情を教えてもらえて助かった。そこは3人も求人しているから、いまやっている社員さんたち、限界じゃないだろうか? 大変だなあ。

まあ、不動産業がめちゃくそ大変なのは以前から聞いていたから、やっぱりなあと思うけれど、どんな仕事でもそれなりに大変だろう。それに、不動産会社がすべて「黒っぽい」とも限らない。そもそも「住まい関連」が好きなので、一度はやってみたい職業なんだよね。あ、うどんも好き。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ランキングに参加しています。
応援してもらえたらとってもうれしいです。