自分をいちばん大切にしたいから

今日は、会社へ行くかどうかちょっと迷った。1月25日締め切りの仕事ができていないし、統計の勉強もまったく手付かずで気になっていた。けれども、自分自身に「どう?行きたい?行きたくない?」と問いかけてみると、ホンネは「いやあ、めんどくさいし~、このままダラダラしていたいなあ」だったので、出勤しないことにした。

いまの仕事はとても気に入っているのでがんばりたいのはヤマヤマだけど、ソノ気が起きないときはやらないのが正解。少なくとも、来年3月末まではこの仕事を継続する予定だから、けっこう長丁場になる。オンとオフのメリハリをつけたほうがいい。

それで、昼前までふとんのなかでゴロゴロして、起きて洗濯、それからまた丸亀製麺でうどん、道の駅で昼寝といういつもパターン。せっかくクルマがあるんだからもうちょっと遠出したらいいんだけど、ま、これもソノ気にならないのでこんな具合だ。

そうそう、この仕事は1年ごとの契約更新なのだ。毎年3月末に継続するかどうか会社が決めるらしい。しかも3回更新したあとはいったん解除になり、それでも続けて働きたい場合は、もう一度あらためて一から応募しないといけないそうだ。

パートで働いているひとはおおむね20~40代で、五十代らしきひとはほとんど見かけない。ウワサをつなげ合わせると、どうも60才を越えて働くことはできないようだ。私は今年4月で56才になるから、もし毎年更新やら応募やらを乗り越えても、たぶんあと4年ちょっとしか働けない。

けっこう短期決戦だから、かえってがんばってみようと思えてくる。少々苦労があったとしても十年二十年も続くわけではないから気がラクだ。

でも、この1ヵ月間のうちに、まったく未知の仕事でも楽しく取り組むことができたので、これはなかなかの自信になった。あ、そうなんだ、55才から右も左もわからん仕事でもなんとかなるんや。なんか知らんけど、毎日やっていたらそのうちわかってくるもんや。

だから、ここの会社を60才で辞めたあとは、また興味のおもむくまま、別の仕事にチャレンジしてもいいかなあと考えている。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ランキングに参加しています。
応援してもらえたらとってもうれしいです。