相変わらず楽しい合唱

仕事のほうは、慣れてきたし年度初めのピークも過ぎたし、やることはあっても5月に回せばいいし、なのでゴールデンウィークは暦のとおり休む。連休初日の今日は、やっぱり寝坊した。一度9時に目が覚めたが、寝直したら12時半になってしまった。

起きてぶらぶらして、遅い昼食を取って、またぶらぶらしていたら夕方4時になってしまい、それから合唱の予習をやっとはじめる。ホント、遅すぎるのはわかっているけど直前にしかやる気が出なかった。でも、ぜんぜん間に合わなくて全体的にうっすらしか目を通せなかった。

合唱練習は、先週と同じくあのキビしい先生だった。2回目なのでショックはないが、やはり要求水準の高さに難儀する。カラダを楽器にすることを徹底的に教えてくれるけど、なかなかすぐには理解できない。ふつうの声の出しかたとはまったくちがうからね。本式の声楽の発声は生まれてはじめて。

休憩時間に数人のひとと話したが、この先生の指導目当てにかなり遠いところから通っているひとも多い。そして、合唱団を掛け持ちしているひともけっこういる。みなさん、お好きなのだ。私も合唱をはじめてみてスゴく楽しい。けれどもむずかしいなあ。

先生は、先週と同じくしょっちゅう怒っていた。ま、怒ると言ってもユーモアたっぷりなんだけど、みんなすぐには習得できないからジレったさが伝わってくる。

うまくなるにはどうしたらいいか? やっぱり毎日正しく練習することのようだ。練習しているひとはウマい。声量もあるし音程も正確だ。だんだんわかってきたが、合唱経験が長いからといって上級者とはかぎらないようで、はじめて数年のひとでも練習量が多いとかなり上達が早い。

そういうウマいひとたちが、周囲にいい影響を与えてくれていて、あのひとはスゴいよねとみんなから一目置かれている。よく隣になるNさんは、そのうちのひとりで、今日も安定した歌声を響かせていた。いいねえ、憧れちゃうね。

Nさんは「先生に言われたことを守って、毎日練習していたら大丈夫よ」と言ってくれる。うん、私もがんばろう。この人気のある先生は、ネットで見ると、ご自分で声楽レッスンもされているようで、本当は習ってみたいところ。同じやるなら最初のうちに基礎を正しく学びたい。

でもなあ、いまは落ち着かないんだよね。また転職するからつぎの勤め先が決まらないと、さすがに声楽を習うのもどうかと思う。いい先生だから高額だしね。

てか、そんなに本格的に声楽をやるつもりはないんだけど、なんとなくやりはじめるととりあえず深掘りしたくなる。きっとすぐに飽きるのがわかっていて、でもやりたくなる。ああ、熱しやすく冷めやすい困った性格だ。

どうでもいいけど、仕事はかんたんに飽きたらいかん。つぎの職場はできる限り長く勤めたい!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ランキングに参加しています。
応援してもらえたらとってもうれしいです。