うどんに溺れる毎日

あらかじめ予想していたが、やっぱり会社に行ったほうがシャンとする。朝早く起きるのはすごくイヤだけど、なんとかウチを出て会社にたどりついて、とにかくパソコンを立ち上げれば自動モードでカタカタ作業をするだけ。

いまは、たまたま新規の仕事がなくて、既存データの整理をやっている。もう慣れたのでそんなにむずかしくないし、やっていておもしろいし快適。こんな仕事ばっかりだったらラクでヒマつぶし程度なんだが、いくらなんでもおカネをもらいすぎ。

そのうち、ふたたび胃が痛くなるほどの責任重大な仕事が発生するにちがいないが、そうなるとまた逆に時給以上のモノが求められてしまう。それがしんどくて辞めることにしたが、なんかココの仕事は悩ましいね。やたら勉強しないといけないし。勉強はキラいじゃないけど、大卒レベルの本とかめっちゃしんどい。もう読んでへん。

つくづく思うけど、コンビニとかスーパーの仕事は時給と仕事内容がちょうどよく釣り合っているようで、やっぱりそういうパートがいいなあ。以前コンビニのパートはやったことがあり、いまになってそっちがいいなと考えている。ま、もっと先のハナシだが。

今日も定時に帰り、クルマで市役所へ行って用事を済ませる。そのあとが問題で、ああ、ついフラフラと丸亀製麺に吸い寄せられてしもうた。昨日もうどんを食ったというのに! なぜココでまたうどんなんだ?

クルマでないと市役所すら行けない田舎があかんのや。丸亀と市役所の配置があかんのや。田舎のはずれの国道ってそーゆーモノが全部そろってんだよね。あ、図書館は丸亀と市役所の真ん中にある。

結局また肉うどんに、青ネギと天かすをピラミッド状に盛り上げて、昨日と同じ席ですする。ホンマ、うどん食ってるときがいちばん幸せかもしれない。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ランキングに参加しています。
応援してもらえたらとってもうれしいです。