15時間寝た

昨夜寝たのが2時だった。ヘッセ「車輪の下」を読んでいて、とうとうなるようになってしまった悲しい結末にたどりついて、やり切れない思いとともに眠った。目が覚めたら昼12時だった。起き出して適当に昼ごはんを食って、ネットを徘徊していたらまた眠くなった。

眠くなると、検索ワードが「眠くてたまらない」とか「やる気が出ない」とか「用事が片付かない」になる。なんでもいいから四六時中検索していたいのだ。「昼寝」を検索すると「昼寝は30分以内に」とかけったくそ悪い結果ばかりだが、「寝たいだけ寝る」の結果は「たくさん寝たいので、会社を辞めました」というニートのphaさんとかがヒットして、もっともだと同意して私も寝ることにした。

午後2時に寝て、次に起きたのが夜7時だった。結局15時間寝ていたことになるが、ずいぶんスッキリした。私はやっぱり寝ることが大好きだ。ダラダラしていたかったので、荒れ放題の部屋はほったらかしで、歌の練習だけする。これもいつまで続くか疑問だが、やらないととんでもないことになるのでやっておく。練習しても恐ろしくヘタクソで困る。

ダラダラ気分が充満していて、明日会社へ行くのが非常にめんどくさい。ああ、いやだいやだ。毎日寝ていたい。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ランキングに参加しています。
応援してもらえたらとってもうれしいです。