なぜかこーゆー方向に流されつつある

休日なのにめずらしく8時半に起きたのは、午後から知り合いのひとの発表会に行く予定があったからだ。合唱でときどき話をする女性で、たぶん私より7~8才年上のひと。音楽が好きで、ピアノも声楽も長年続けているらしい。

先週合唱練習のあと、そのひとから「次の土曜日に声楽の発表会があるから、よかったら来てね」と言われた。声楽の発表会なんてまったく行ったことがなかったので、興味津々でそのホールへ出向いた。

小ぢんまりとしたホールで、出演者もそんなに多くはなかった。でも、それぞれにいい演奏でとても楽しかった。おしまいのほうになると、プロのオペラ歌手みたいに朗々と歌い上げるひとがいて仰天した。すごいなあ。

しかし、たぶんレイトスターターと思われるひとたちの歌のほうがよかったかな。あまりにも達者すぎるとちょっとびっくりしてしまう。そこまですごくなくても、一所懸命さや楽しさがあふれる演奏に心惹かれる。誘ってくれたご本人の歌も伸びやかで笑顔まですてきで、とても好感が持てる演奏だった。やっぱりね、音楽って「すごい」というより「心動かされる」ほうがいいなあ。

それに勉強になった。いやあ、声楽曲をさっぱり知らなくて、今日聴いたうちで知っているのは1曲だけだった。なんでもいいから機会があれば行ってみるもんだ。発表会のあとは近所のデパートをうろうろ。午後6時半からいつもの合唱練習があるので、それまでの時間つぶしにやや困る。

ムダにうろうろしてからいったんウチに帰り、また出て今度は合唱練習のホール会場へ行く。で、あのキビしい先生にしこたま叱られた。けれども、私自身の悪いところが具体的にわからない。おおぜいでいっしょに歌っているからそこらへんがあいまいになってしまう。

そりゃ、私は超初心者だから、先生の注意点はもれなくあてはまると思うけど、やっぱり客観的にわからん。そもそも声の出しかたがすっごく疑問。声楽としての声の出しかたは、ふだんしゃべる声とはまったく別物だ。練習のたびに激しく叱責(ただしユーモアたっぷりで)されるけど、自分がどうなっているのかわからんねえ。

すると、やっぱり個人レッスンを受けたほうがいいかな? それもこの先生に指導してもらったほうがいいよね? ま、半月ほどまえからこの先生のサイトを見ては、個人レッスンを受けるかどうか迷っていた。ええと、まだ迷っている。

そもそも合唱をちょびっと楽しめたらええわと軽い気もちなんだけど、この先生のどエラい迫力の指導を受けていると、そんなんではあかんかなあと思ってしまう。でも、いまのところ毎日ウチで小一時間は練習しているわけだし、自分勝手にまちがったクセをつけてそのまま歌うのもイヤだ。

あああ、べつにそんなに歌に入れあげるつもりはないんやけどね。個人レッスン、どうしよ? つか、なんで潮の流れが声楽になってんだろ?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ランキングに参加しています。
応援してもらえたらとってもうれしいです。