良いイワシになるための練習

目が覚めたら10時。ふとんでぼーっとしていたらじきに12時。シリアルとチーズを食ってまた寝て起きたら夕方4時。ここまでは昨日といっしょ。

いつも歌の練習がめんどくさくて、日中、ああ、練習せんといかんなあ、めんどーと思いながらズルズル先延ばしにして、だいたい夜10時から開始する。そんな遅くに声張り上げたら(実際には蚊の鳴くような声しか出えへん)、脳ミソが興奮してまいよって、ますます寝つきが悪なって、寝るのが2時→起きるのが10時→冒頭へ戻る、という悪循環だった。

よし、今日は夕方に練習するべ!と決心して、とにかくボイトレファイルをクリック。これね、とりあえずかけちゃえば必ず自動的に歌えるのに、なぜかこのクリックにたどりつくまでがタイヘンなんよ。

ここ最近、上のミ♭(ドレミファソラシド|ドレミ♭)がごくまれにカスれて出ることがある。2ヵ月まえは上のレも満足に出なかったので、確かにほんの少しずつ変化はあるようだ。でも、まだまだまだまだヘタクソすぎて、練習するたびに落ち込む。

それにしんどい。歌ってやっぱりスポーツみたいで、5分も練習すると全身から汗が吹き出してめまいがしてくる。ダラダラ流れる汗が目に入ると痛いので、合い間にしょっちゅうタオルで拭き取る。口のカタチや顔の筋肉を確認するために、歌いながら鏡を見ることもあるが、顔や首筋から噴出して幾筋も流れている汗がおもしろくて観察してしまう。

とりあえずいまは、横隔膜の引き上げと骨盤底筋の引き締めを重点的にやっているけど、内股の筋肉も使うしヒザも伸ばすしで、おなか、股、ヒザが筋肉痛でかなり痛い。なんかボロボロになってきた。こんなに全身を使うなんて思ってもみなかったさ。

いつもボイトレを30分、そのあとにロ短調ミサ曲を30分ほど練習する。あのキビしい先生の指導が入ってから、毎週ボロクソに叱られるので、曲のほうも毎日5回以上練習している。でも、いくら練習しても上達を実感でけへんのよね。まあ、そりゃ超初心者だからムリないかもしれんけど、音程もビート感もメタメタでがっくり来る。

いったいなんの因果でこないに苦労せなあかんねん?と思うけど、それでもイヤイヤ練習しているのは、やっぱりみんなといっしょに歌えるからだろうな。あのイワシの大群の心地よさを味わえることだったり、ウマいひとの声を聴けることだったり、そういう楽しみがあるから続けているんだな。

あ、そうそう、合唱はイワシの大群じゃないらしい。合唱はだな、「バレエの群舞」といっしょらしい。全員がぴったり息を合わせて、一糸乱れぬ演奏をするところが、バレエの群舞と同じだそうだ。イワシ、ちゃいまんねん。そんなん想像するのは私だけやった。

五十代からバレエをはじめるひともいるみたいだけど、新しい趣味をはじめるのはホント楽しいね。毎日0.1ミリしか進まなくても、毎回メタクソ怒られても、なんでもいいからバッハを歌いたいからがんばる。

今日は1時間16分練習した。ごほうびに丸亀製麺へ行って肉うどんをたいらげた。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ランキングに参加しています。
応援してもらえたらとってもうれしいです。