北海道放浪13日目|稚内副港市場はノスタルジックなレトロ空間

8:00起床。車内温度21.8度。昨夜からくもっていたので暖かい朝だ。昨日はずいぶん歩いた。今日はのんびりゆっくり過ごすつもり。

道の駅のすぐそばで売っていたメロン。

朝ごはんにしようと思ってジロジロ眺めていたら、店のおっちゃんが「コレがいちばんデカい」と選んでくれた。朝っぱらから思いつきでメロンなんぞ食べるって旅の醍醐味だね。

道の駅「わっかない」からいちばん近い日帰り温泉は「稚内副港市場」のなかにあるという。道の駅から1km弱のところ。

市場というので、また魚臭いんじゃないかと気が進まなかったが、なかに入ってみてびっくり、レトロな異空間が広がっていた。

温泉施設「港のゆ」。

この市場はどこの場所も徹底して、昭和はじめ頃の雰囲気にしつらえてある。

照明も落とし気味でなんともいい感じ。

トイレもすごい。温風乾燥機まで木製カバーをかけるというこだわり。

肝心のお風呂も同じようにこだわり抜いていて、北海道に来てからいちばんいい施設だった。ひゃあ、もっと宣伝すればいいのに。

温泉施設内にあるレストランでラーメン。大きなホタテがおいしかった。ボリュームもたっぷり。

休憩所もあちこちにある。私はここに陣取ってブログを書いていた。Wi-Fiもあり。

こんなふうに、昭和初期を再現した空間がいろいろある。

白い壁も故意に黒ずませてあったりと、シャビーなこだわりが随所に見られる。すごいな、相当費用をかけたんだろうな。私は、アンティークやヴィンテージ、レトロが大好きなので、ココはめっちゃ気に入った。

ダルマストーブまで置いてあった。当時のままのホンモノ。

稚内だけでもおもしろいのでついつい長逗留している。今夜も道の駅「わっかない」、4泊目。23:00就寝。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ランキングに参加しています。
応援してもらえたらとってもうれしいです。

稚内副港市場
〒097-0021 北海道稚内市港1丁目6−28
0162-29-0829

https://goo.gl/maps/1sxnuDa8KYK2