北海道放浪14日目|霧の宗谷岬~ベニヤ原生花園で四つ葉のクローバーをもらう

6:50起床。車内温度20.9度。今日もくもり。しばらくお日さまを拝めそうもない。8:40 道の駅「わっかない」を出発。

9:36 宗谷岬、到着。霧雨が降っているし、外はかなり寒い。たぶん12度ぐらい。クルマから降りたくなくて車内から撮影。しかし、悪天にもかかわらず、おおぜいのひとが入れ替わり立ち替わり記念撮影をしている。ワシ、そんな根性ないんじゃ。

おのれのヘタレぶりを嘆いていたら、自転車旅の男性がひとり。チャリダーってホンマすごいわ。しかもこのヒト、半ズボンで平気なんだ。信じられへん。

晴れているならともかく、ヒトがてんこ盛りの宗谷岬はあまり興味がなくて、9:46 出発。う~ん、やっぱり私は自然のなかのほうが居心地がいいね。

10:36 道の駅「さるふつ公園」到着。

ここには「ホテルさるふつ」もあり、

そこのレストランの「ホタテカレー」が名物らしい。

注文して待っているとき、駐車場を見るとキャンピングカーだらけだった。いいなあ。

これがうわさのホタテカレー。ホタテが6枚も入っていて、すっごくやわらかいし、カレーもマイルドで美味。

昨日からホタテがクセになっていて、こんなおみやげも購入。

おつまみによさそうだが、私は下戸なのでオヤツに食べた。ごはんのおかずにしてもよさそう。

道の駅「さるふつ公園」を13:37 出発。そして、どーんと「エサヌカ線」をつっ走る。

周辺は原野が広がる。ピンクの花はハマナスだ。

どどーん。ってか、先のほうがかすんで見えへんがな。これが北海道。

14:37 ベニヤ原生花園、到着。17度、寒い。しかし、無料で案内してくれるというので、いっしょに歩いてみることにした。

ガイドの女性は、北海道在住20年以上とのことだが、出身は私と同郷だった。おやまあ。花のなまえを教えてもらいながらコースをたどる。

途中、沼もある。ガイドさん「お天気がいいと、この場所はいちばんきれいなところです」。そうそう、どうしてもお天気しだいだよね。

ベニヤ原生花園は、昔からなまえだけはよく聞いていたが、やっぱりかなり花が多い。

チリ紙みたいに見えるのは「ハマヒルガオ」。あ、いまチリ紙なんて使わないね。

ここでもニョキニョキ目立っているのは「エゾニュウ」。このあいだ礼文島でびっくりしたが、ガイドさんも、エゾニュウはデカすぎるとあきれていて、そんな話をいっしょにするのも楽しい。

いまの時期にいちばん多かったのは、この「ノハナショウブ」。花のなまえが少しずつわかってきて助かった。いいねえ、ガイドさん。

聞いたけどなまえを忘れた。水辺にびっしりあって緑がきれいだった。

紫の細長いヤツは「クガイソウ」。

ひとめぐりして戻ってくると、もうひとりの年配女性のガイドさんが、四つ葉のクローバーをくれた。

にこにこして「しあわせになれるよ」と言う。こんなプレゼント、生まれてはじめて。きっと苦労して探したクローバーだというのに、見ず知らずの私にくれるなんて。
15:40 ベニヤ原生花園、出発。二人の女性は手を振って見送ってくれた。私はもうすでにしあわせだよ。

16:00 はまとんべつ温泉ウイング、到着。クッチャロ湖のすぐそばにある温泉施設。

いたってふつうの温泉に見えたが、お湯は濃くてヌメリが強い。

そぼくな休憩所。

今夜は、クッチャロ湖付近の駐車場で車中泊。23:00就寝。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ランキングに参加しています。
応援してもらえたらとってもうれしいです。