ノマドといってもどんな仕事をするのか?

ノマドワーカーになることにした。
まあ、言うだけならかんたんなので、とりあえず宣言してみたが、けっこう冷や汗をかいている。

というのも、やはりこのトシでは現実味がうすいからだ。
56才でノマドワーカーをめざすって、まず聞いたことがない。
この年齢ならば、たとえばスーパーとか介護や清掃のパートをはじめるというのであれば、しごく常識の範囲内だろう。

しかし、私はふつうのひとのペースでそういう仕事がまったくできない。
そもそもそういった職種は、よく考えてみたらあまりやりたくない。

でも、パソコンは好きだ。
ちっとも得意ではないし、ほとんど勉強していないので、これもたぶんふつうのヒトよりかなり劣っているけれども、好きなのはたしかだ。
だから、パソコンを使う仕事でノマドワーカーになりたいのだ。

それで、具体的にどういう仕事をするかというと「アフィリエイト」をやろうと思う。
いちおう「サイトを作って、そこで商品やサービスを売るアフィリエイト」にしようかなあと考えている。

思えば、ずいぶんむかしから「アフィリエイトをやりたい」とぼんやり思っていた。
オフラインのデジタル日記を調べたら、2013年9月からときどきウワゴトのようにやりたいと言っている。

なぜアフィリエイトに興味があるのか?
パソコンを使ってサイトを作るということがおもしろそうだからだ。

しかし、私は文章を書くのが苦手でめんどくさい。
サイトを作るには、当たり前だが文章をどっさり書かないといけないので、それが苦痛ではある。
そもそもサイト作りというのは、自分で一から考えないといけないので、ものすごく敷居が高い。

そんなふうに、アレもめんどう、コレもむずかしいと言い訳ばかりしていて、結局いままでなにひとつ手を付けられなかった。
5年間、なにもやらずに過ごしてしまったんだよね。

けれども、もう過去のことは考えずに、これからあらためてアフィリエイトをやろうと思う。
私のことだから、きっと膨大な時間がかかるだろうけど、それでもとにかくサイトをひとつ作ってみたい。

アフィリエイトにかぎらず、なんでもそうだが、ヒトと比べたらダメだよね。
自分が「いまできること」をコツコツやるのみで、ヒトは関係ないよなあ。
私が作ってみたいサイトは、おぼろげながらイメージはあるので、それをカタチにしていくことだけ考えよう。

そして、いろいろ勉強せんといかん。
アフィリエイトについてはもちろん、HTMLやワードプレスの勉強もやらないといけない。
なんか勉強だけであっという間に3年ほどたってしまいそうだが、まあね、夜道に日は暮れないからマイペースでやるよ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ランキングに参加しています。
応援してもらえたらとってもうれしいです。