Facebook、身に覚えがないのにいきなりアカウント停止

いやー、まー、もうだいぶんまえから解除してもらえないかがんばっとるんだがね。
うんともすんとも言ってくれんのよ、Facebookさん。

私はこれまでFacebookをしたことがなかった。
しかしカウンセラー先生から「次回のセミナーに来るひとたちでFacebookグループを作ります。連絡や情報交換はFacebookでやりますからアカウントを作ってください」という指示をもらったので、はじめて作ったんだ。

10月5日に作ったすぐあとは、ログインすることができて、先生やメンバーのやりとりを見ることができた。私はFacebookの使いかたがまだわからないので見ているだけ。

その翌日、Facebookにログインすると、写真をアップするようにというメッセージが出ていたので、とりあえず風呂場で自分の顔写真を撮って、すぐにアップした。

▼それから2、3日後かな? ログインボタンをクリックすると「アカウント停止」のメッセージがいきなり出てきた。
Facebookアカウント停止の画面
なにがいけなかったんだろう? まったく思い当たらない。
顔写真は風呂場で撮影したけどべつに全裸じゃないよ。なに? ブスすぎて停止になったとか?

びっくらこいていろいろ調べたら、どうやら「異議申し立て」をできるらしい。
▼この画面から、運転免許証のファイルも添付して泣きついてみる。
Facebookアカウント停止異議申し立ての画面
ネットの情報では「24時間以内に解除してもらえた」というハナシが多い。
しかし「数週間たってもまだログインできない」例もあるみたいだ。

私の場合、これまで6回異議申し立てしているけれど、音沙汰なし。

1回目 2018/10/23 PCから
2回目 2018/10/30 23:21 PCから
3回目 2018/11/09 16:07 PCから
4回目 2018/11/12 23:38 PCから
5回目 2018/11/16 11:27 PCから
6回目 2018/11/18 20:34 スマホから

あんまりしつこくして嫌われてもいかんので、こんな程度にネチネチお願いしておる。

ちょっとハナシは変わるが、こういう記録はぜんぶメモアプリ「ワンノート(OneNote)」に残しているけど、コレ、すっごく便利だ!
スクショもパッと貼れる。「日付+時刻」もワンクリックでぺたっ。ホント、万能のメモアプリだねえ。

で、Facebook、困ったのう。妹もあれこれがんばってくれたんだけどね。
ネットをつらつら見ていたら、いきなりアカウント停止されるひとはけっこう多くて、その反応もいろいろ。

まあ、困るしー、いろいろやらんといかんしー、ある女性はイライラしてダンナにやつあたりしまくっていたとか、かと思えば、「これは次のステージへ移るために必要な試練だ!」とめっちゃ前向きに輝きながら対応しているひともおったし、おもろいなあ。

じゃあ、私はどーしよー?と考えていたけど、今度のセミナーは東京であるんだよね。
そいで、Facebook Japanのオフィスは六本木にあるんだよね。
だから、セミナーが終わった次の日、直接Facebookのオフィスに行って頼んでみようかなあ?

たぶんダメだと思うけど、そういうの好き!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ランキングに参加しています。
応援してもらえたらとってもうれしいです。