いままでとは正反対で仕事をやってみたら、底抜けにラクだった

本日めでたく再就職を果たした。
いやあ、こんなババアを雇ってくれるなんてありがたい会社だよねえ。なんせあっちこっち面接受けてはバンバン不採用くらってたからね。

それに、この会社の面接では「むずかしい仕事だ」となんども言われたから、ああそんなとこは行かんとこと思って、採用の連絡電話で即「いや、辞退しますけど」なーんて一度ことわっちゃったというイワクつきの会社でございますのよ。

で、年末年始にかけて錯綜しまくった就活だけど、ハラをくくってこの会社に骨をうずめることにした。
けれども、これから私は「がんばらない」ことにした。そして、たとえ仕事であっても「やりたくないことはやらへんで」と固く決意している。

なんかドコのカウンセラーも「がんばるな、やりたくないことはやるな、やりたいことだけやれ」と軒並みおんなじことばっかし言うてはるんで、すなおにしたがうことにしたのだ。

だから、今日の初出勤もちんたら準備して、まあ始業の10分まえに着いたらエエやろとのんびり歩いて行った。田舎じゃけえ、田んぼや畑を横切り、とちゅう山がよく見える高台でひと息入れて、歩くこと20分で会社に到着。ちょうどいいウォーキングやんけ。

社内に入ってからも、いっこうに気合いの入らないあいさつをして、入社の書類をいろいろ書いたり、採用の辞令をもらったりした。
ほう、ごくごくふつーにしていたら、ぜんぜん緊張せんなあ。緊張しないと疲れないなあ。

去年面接をしてくれたかたにも会ったけど、そのひとは「面接のときはちょっとオーバーに表現してしまってすみませんでした」と言ってくれる。いやいや、そんなにきっちりあやまらんでエエけど。それに、むずかしいんならナンボまちごうてもエエやんかと思うて来ましたよってに、うへへ、あとで「しもうた、こないにクセの悪いおばはん、雇うんやなかった」いうて後悔しまっせ。

いやホント、がんばる気ゼロなんで、まちがえようが怒られようが、カエルのツラにしょんべんでいてこましたろと思うとる。

なんだけど、予想以上によかったんだよねえ、みんなが。
上のひとも指導してくれるひとも同僚となるひとも、みんないいヒトだったんだ。

まあ、私はこれまでの職場でもほとんど変なヒトに出会ったことがなくて、かなり運がいい。だから、今日もやっぱりココもだいじょうぶだなあと安心した。

じゃあ、いままでなんでそないにケツ割りまくってたか?というと、人間関係ではなくて、自分が仕事を抱え込みすぎて自爆していたからだ。

ところが、だ。この会社ではコールセンターの仕事をすることになっている。
はい、それじゃあ、ということで、さっそく電話を取りはじめた。どんなタマが飛んでくるかわからんのが受電の楽しみ?だけど、一件一件まわりのヒトに教えてもらいながらやっていたら、ふうん、こんな感じならエエんちゃう?

で、気がついたけど、コールの仕事ってひとつの電話をマイペースで応答するだけだから、意外と落ち着いてできる。ふふふん♪

なによりも「さあ、失敗したるで! ワシの対応が悪いっちゅうて客を怒らしたるで!」という気マンマンでやってるから、やっぱりぜんぜん緊張せえへん。う~ん、さいしょからマイナスで行ったろうと思っているとすっごくラクやなあ。
怒ってるお客さんもおったけど、まあちょいと血流をよくしてあげたのさ。

というわけで、ホントにユルユルタラタラぼーっと仕事をしてたら、あっという間に帰る時間になった。
ボサッとあいさつして、のそのそ退出、あぜ道をちんたら歩いて帰ってきた。

ああ、こんなにラクに仕事したの、生まれてはじめてじゃのう!
つまり「私が変わればよかった」というだけのハナシね。これまでどこの会社でもタイヘンだったのは、私が好きこのんで「タイヘンなことばかり背負いこんでいた」からだ。

ちゃんと仕事しようとか、がんばろうとか、お客を怒らせたらあかん、会社に迷惑かけたらあかん、もっとできないとあかん、アレもできてコレもできて、……とかやってると自爆するんだなあ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ランキングに参加しています。
応援してもらえたらとってもうれしいです。