みんなで光を浴びたいから

むかしほんの一瞬バイオリンを習ってたけど、そのときはアタマんなかがバイオリン一色だった。
「バイオリン祭り」の毎日ね。

で、あれって、バイオリンの弦に弓を直角に当てないといけない。
それが鉄則で、とにかく朝から晩までひたすら「弦に直角、弦に直角」をやっていたら、しまいには、外歩いてて電線が目に入っても、ああ、アレに直角に当てるには腕をどうしようかなあ?と真剣に考えたりしてた。

いまは、ピアノで「アルペジオ祭り」開催中。
とにかく、右端まで行ったらクルッときれいに半円を描いて返ってくる、というお祭り。

私は、自分ちじゃ、マウスを使うのも手が痛いからトラックボールを使っているが、会社のパソコンはマウスだ。
電話番の仕事だから、パソコンは照会に使うくらいで、ちょっとしかさわらないからすごく助かっているけど、今日は出勤日でひさしぶりにマウスをさわったら、右に動かして、そのあと思わずクルッと上に回しそうになって、ひとりで大いにウケてしもうた。

祭り、楽しいなあー
妹が近くにおったら、ぜったいアルペジオのレクチャー、やっとるわなあ。
どーもなー、自分が好きなことはぜったいしゃべらんと気が済まへんのでなあ。

と、非常に楽しいことは楽しいんだが、ものすんごくしんどい。
ババアだから、体調がぜんっぜん回復せんわ。

昨日は休みだったから、ホントなら練習室借りて生ピアノ弾くつもりだった。
でも、あまりにもしんどいからそれもやめて、ウチで「引きこもり」改め「弾きこもり」しとったんやけど、一日安静にしてたのにとっつも治らへん。

微熱、動悸、発汗、ノドの痛み、セキ、タン、めまい、もちろん手指手首はずっと痛い。
あ、ひとつだけ治った。トランコロンがピシャッと効いて、過敏性腸症候群の下痢は止まった。もしかすると紙オムツ、はずせるかもしんない。

それにしても、次のレッスン、もうあさってなんだよぉ!
どーすんの? ツェルニーとインベンション? 毎週レッスンって発狂しそうじゃ。
しかも、いちども生ピアノさわってないから、明日はぜったいどこかで借りないといけない。なのに明日も出勤日だし。

仕事中もむっちゃしんどいし、練習できてないのが気になるし、なーんかどーんと落ち込んでたんだけど、あるお客さんの携帯に電話かけたら、そしたら「待ちうた」がなんとシューベルトの「ます」だったんよ! ふつう電話をかけたら「プルルル……」って聞こえるけど、「待ちうた」は音楽になるサービスらしい。

マジでホンマにピアノ五重奏曲のまんまの「ます」で、それ聴いたらいっぺんにしあわせになったわ!
「ます」はね、ピアニストB氏が「人生を完全に肯定している傑作」「五楽章形式で、最初から最後まで長調で書かれていて、疑問がいっさいわかないという音楽史上ほんとうにめずらしい作品」って言っている。

う~ん、音楽の力ってすごいなあ。ほんの数秒聴くだけで、パアッて光が差し込んでくるみたい。
てか、そこいらあたりをウロウロしたいから、ピアノやってんだよね。

だから、うまく弾ける弾けないじゃなくて、光を感じているかどうかだよね。
なんかそんな気がする。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 ランキングに参加しています。お好みのカテゴリーをポチッてくだせえ。おねげえしますだ。