志望大学へ行ってみて「罪悪感」にメッタ打ちされちまった

ずっと気になっていて、まあでも「知らなかったこと」にしていたのが、某芸術大学の学費とかなんちゃらかんちゃら。

今日はパートのシフトがない日だったので、大学に電話してみたら、「今日ならご説明できますよ」とのこと。時期によっては、担当のひとが出張でいない場合もあるらしく、じゃあ午後にお願いしますと伝えた。

そもそもこの大学を志望した理由は、私が子どものころに習ってた先生の出身校だから。
それに、バイオリンを一瞬やってたときも、この大学のすぐ近くにこれまた数ヵ月だけ住んでたこともある。

音楽大学じゃなくて総合芸術大学だから、なんか楽しそうで、数年前にもオープンキャンパスに行ったこともあるし、学生のコンサートも何回か行ったかな?

そうそう、だから以前はわりかし気楽に行ってたんだけど、今日あらためてキャンパスに到着したら、身がすくんでしまった。

バスを降りて建物のなかに入ったら、いきなり冷水をあびせられたような心地になってしまった。
うわ、こりゃヤバい……、これ……「罪悪感」だよね?

「てめえが来るとこじゃねーよ」ってメッセージが四方八方から降ってきて、ホンマに動けなくなってしまった。
うう、キツいなあ……、ワシ、なんでこんなとこにおるんやろ?

とりあえずトイレに逃げ込む。めまいがする。動悸がおさまらない。

すげーわ、罪悪感って。なんもできなくなるわ。

この強烈な罪悪感のみなもとは明白で、そりゃもう「母ちゃん」なんスよ。
「そんなコトしたら母ちゃんに叱られる」って思って、怖くて動けなくなるんだわ。

「大学」も「ピアノ」も、むかし母ちゃんが禁止したことだからだよねえ。

「ピアノ」にまつわる罪悪感もときどき噴出する。
レッスンのときとか、音楽練習室を借りてるときとか、たまに炎みたいにブワッと噴き上がる。

ひーん、ワシはまだコドモのまんまじゃ。
やっぱり13才で時が止まってる。

いや、あのさ、なんでピアノはじめたかなあ?っていろいろ考えるけど、なんとなく「13才だったときの自分」を助けたいのかもしれない。
こんな自分でも、少しは「オトナの自分」が存在していて、その「オトナの自分」が「13才のコドモ」を助けに行ってあげたいような感じ。

カウンセラーN先生がよく提案しているけど、「『子どもの自分』にお手紙を書いてあげましょう」とかがある。いわゆる「インナーチャイルド」を癒す方法だ。

私の「インナーチャイルド」は、ピアノを弾いているとよろこんでいるみたい。
もしかして、13才のときの私はピアノをやめたくなかったのか?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 ランキングに参加しています。お好みのカテゴリーをポチッてくだせえ。おねげえしますだ。