音楽がヤバすぎる理由

数年まえから心理学にハマッちゃって、セミナーやらカウンセリングが大好きだ。
いっちゃんはじめのきっかけは、カウンセラーN先生のブログ。

膨大な記事を長年アップされていて、そのどの記事もすっごくおもしろかったので、はじめてN先生のセミナーに出席したのが、2014年11月23日だった。
いま思えば、初心者向けの軽いテーマばかりの話だったけど、じかにN先生を目の当たりにして、その話を聴いたら、そりゃもう愕然とした。

こ、こんなヒトが実在するんやあ!って、ドタマをぶん殴られたかのようになっちまった。
1時間半のセミナーが30分ぐらいにしか思えなくて、いやもうただただ「このヒトの話を何時間でも何十時間でも何百時間でも聴いていたい!!!」と強烈に思った。

それが「雷に打たれた」いちばんさいしょの先生だねえ。

2番目の落雷は、カウンセラーO先生。
O先生もまた、N先生に衝撃を受けたという。で、O先生のブログもこれまた徹夜で読んじまうほどすばらしい。しかも作曲家/ピアニストでもある。

すると、雷が落ちていい場所がちゃんとセッティングされて、N先生とO先生を含むトリプルコラボセミナーが開催された。
もちろんワシは飛行機で文字通りすっ飛んで行って、こんどはO先生にぶん殴ってもらう。

なんで、スゴいヒトはこんなにスゴいんだろう!って、まあもうそういう時間がどうしようもなく好き。
スゴいヒトのスゴい話をずーーーっと聴いていたい。

そして、今年3月にO先生の個人カウンセリングを受けたら、最後にこうおっしゃった。
「春子さんはもう生まれ変わったんですからね。だから、これから出会うひとも変わります。ピアノの先生もきっといいかたに出会えます」

スゴいヒトの予言は確実に的中する。
三度目の雷は、メガトン級だった。

ワシは、ピアノのレッスンに行くたびに魂抜かれてしまうわ。
そうそう、魂。

「音楽」って、つまるところ「魂レベル」のなんかだと思う。コトバがいらない。
こんな私が演奏しても、先生は私の魂の挙動を見抜いてくれる。十分すぎるほどわかってくれる。なにもコトバで説明しなくていい。

対して、先生はピアノについて非常に雄弁に語ってもくれる。
作曲家や作品についても、先生ご自身の経験についても、深く重みのある話をしてくださる。
ああもう、何十時間でも何百時間でも聴いていたい。

けれども、結局もっとも危険なのが、先生の演奏だ。
先生のピアノを聴くとだな、魂、どっか行っちまったまま戻ってこない。現世に帰ってこられない。

なんなんしょね? 楽器演奏するヒトってなんなん? 聴くヒトの魂、ドコへ飛ばすん?

だから、ワシのアタマはおかしくなったまんまだ。
昨日レッスンの帰りは、高速の分岐まちがえて、ホンマにウチから真反対のどこかわからんところへ行っちまった。

ぜんぜん知らんインターで降りて、コンビニの駐車場でぼーっとしてた。
先生のインベンション13番は、まるで炎のようだった。
あんな演奏を聴いたら、なんか生まれてきた意味がわかったような気がした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 ランキングに参加しています。お好みのカテゴリーをポチッてくだせえ。おねげえしますだ。