「働くことが大キラい」でもべつにかまわない

先週末のことだけど、今週以降のシフト表がまだできていなかった。
課長はタイヘンお忙しいらしく、ああそうか、できてないんやったらしゃーないと思って、先週末はそのまま帰宅した。

で、グランドピアノ搬入の大騒ぎが終わったあと、会社に電話したら、今日月曜日が出勤日だとわかった。

ああそうかと思って出勤して、シフト表をもらって見てみたら、なんと今日を含めて3日間だけのシフトになっていた。
ワシは7月末で退職するんだけど、有給休暇を最後にちゃんとぜんぶ入れてくれていて、その結果あと3日だけの出勤になっていたのだ。

すっげーうれしかった!
もう今日の仕事は終わったし、あとたった二日だけでパート辞められるなんて!

ああ、うれしいっ! うれしゅーてたまらんわっ!

そりゃま、無職になったら収入ゼロになるんだけど、そこいらがワシのオツムではつながってへん。
ただ単に、パート行かんでええことが、ものすげーうれしー!

こんなにうれしいってのは、やっぱりここのパートがそんなにイヤだったんだよね。
いやいや、ここに限らずどこのパートもみんなイヤだった。

ワシ、働くこと、大っキラい。
今日しみじみ思ったけど、ここまでうれしいって、やっぱりイヤなのを相当ガマンしてたんだなあ。

で、なんか急にストンと、「あ、でもキラいなもんはキラいでべつにええわな」って思った。
憑き物が落ちたみたいだった。

ということは、やっぱりこれまで「『働くことがキラい』→そう思うことは悪いことだ」という強固な思い込みがあったんだな。
だから、ナマケモノである自分をココロのどこかで責めてたんだよね。

いやあ、べつにエエんちゃう? キラいなモンはキラいで。
そりゃまあ、なにかしらゼニ稼ぐ手段はいつか考えるけど、とりあえずいまのパートはキラいなんだから、辞めてよかったよ。

同じパートのヒトのうち、何人かのヒトから「辞めるんだってね。そうだね、ずっと体調悪くてしんどそうやったね」って言われた。
あ、そうか、しんどくて声があまり出ないときが多かったけど、そっか、みんなもわかってたんやね。

そうそう、しんどいんよ、ずっと。
もうずっとしんどくて、早朝覚醒つづいてて、眠剤も効かなくて、手も痛い、ヒザも痛い、耳鳴りする、ホットフラッシュでヘトヘト、なんかもうトシ取ってボロボロ。

で、どーゆーわけで毎日ピアノ弾いてんだろっ?!
とくにベートーベンソナタ、アレ一回弾いたら、目の前黄色くなるほどしんどいんやけどっ!

それでも弾くのは、はは、やっぱり好きだからさ。またうっかり好きになっちまったんだよ。

仕事はキラい。ピアノは好き。山も好き。
ま、そういう気もちをすなおに認めとこ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 ランキングに参加しています。お好みのカテゴリーをポチッてくだせえ。おねげえしますだ。