ヒョータンから駒、ババアから発達障害?!

まだまだ「退職勧告」がらみでジタバタしとるんですわ。
いやでも、会社のエラいさんがハッキリ言うてくれて、そのことはうれしいけどね。

ワシ、ホンネって大好き。なんでもパシッとわかりやすく明確なほうがええんです。
ワシが好きなピアニストB氏も、主旋律をまるで宙に浮いてるみたいにぱぁんときわだたせて演奏するんだけど、ソコが好き。バスは必要なときしか響かせない。

とくにワシのように脳ミソキャパが極小だと、そーゆーわかりやすい演奏だと助かるんですわ。聴いててなにが主でどっちが従なのかすごくよくわかる。
ああっ! こないだピアノの先生に「ソナチネ、もっと伴奏抑えましょう」って言われてたの思い出した。ひええ、B氏みたいに伴奏ちっちゃくすんの、どしたらええの?

なんのハナシやったっけ?

えっと、クビおすすめ会談のとき、「病院かかっていないんですか?」って言われたから、三日まえに「もの忘れ外来」を受診した。
午前中いっぱいその外来でみっちりテストとかされてヘトヘトやったのに、午後からは法務局へ行って「住所変更登記申請」をせんといかんかった。

法務局はだね、まえに一回だけ行ったことがある。妹から頼まれて登記簿謄本を取りに行ったのだ。ま、それだけ。

で、なぜいま「住所変更登記申請」をしないといけないのかというと、今月下旬には持ちマンションの「引渡し」があるので、それまでにワシの住所変更登記を完了させておかないといけないからだ。

あ、「クズマンション」って呼びかたあらためました。こないだ売買契約したからには、もう他人様の持ち物になりかかっとるわけで、それをクズだのボロだのと呼ばわってはいかん。ごくふつうの中古マンションっス。

そいでさ、それこそフツウはさ、「住所変更登記」も司法書士に頼むモンなのだ。フツウは、引渡しのあとすぐにやる「所有権移転登記」のときにいっしょに司法書士の先生にお願いする。「不動産登記」なんてシロウトがやるもんじゃないらしい。登記全般、専門家である司法書士に頼む。

んー、でも住所変更登記だけでも、司法書士さんへの報酬が2万円ぐらいかかるらしい。
ワシ、ソレをケチッて自分でやることにした。いまはネットでくわしい情報が手に入るしね。戸籍附票も必要なので、事前に取り寄せておいた。

登記申請書は、法務局のサイトからワードでダウンロードして、まあ記載例も載ってたから30分ほどで作れた。
ただ、その記載例もサイトの説明も、なんでわざわざ小難しい用語になるのかゲンナリしたわ。

「登記完了証を郵送してもらいたい」場合、「書留郵便のための郵券を同封してください」とか書いてあるけど、郵券ってなんなん?! どうしてすなおに「切手貼ってね」って書いてくれへんねん? 書留も簡易書留でええかどうか書いといてーな。

ま、登記申請書そのものの記載例もクソむずかしかったわ。そんなんが理解できへんのやったら、司法書士に頼めっちゅーことなんやろね。
もうウンザリしながらワードでポチポチ入力して、メンドーだから一回しか見直しせえへんで、まあ窓口で見てもらおうと思って、病院の帰りに法務局へ行った。

そしたら、申請の受付なんてぜんぜん内容見てくれへんかった! 「不備があったら2~3日のうちに電話します」ってボソッと言われただけ。

ああそうなんやっ! 合ってるかどうかなんてチラッとも見てくれへんのやわ。そうか、だから司法書士の先生がおるんやねって納得した。しまった。そないに不親切、てかシロウトは相手にせえへんってハナシやったら、もちっと念入りに見直ししといたらよかったと後悔する。

なので、法務局から「不備おまっせ」って電話がかかってくるのをハラハラしながら待ってた。
しかし、今日の朝10時まえに郵便屋さんが簡易書留を持ってきた。なかを見ると「登記完了証」が入ってた。

あらまー、不備なかったん?! ウソみてえ。奇跡的に申請が通ったよっ!

さて、ここでようやく今日の「タイトル」のハナシになる。
くだんの「もの忘れ外来」で、お医者さんから「発達障害の可能性もありますね」とおごそかに言い渡されたのだ。

は、発達障害っ? このボケ具合は認知症じゃのうて発達障害っスかっ?!
てか、57才にもなっていまさら発達障害ってどないするん? アレさ、ふつうはコドモやろっ?!

っつーか、このうえさらに「新ネタ」仕入れてどーするんじゃっ?!
そいでなくてもネタまみれの人生やのに、57で発達障害ってなんなんっ?!

ただ住所変更登記が通ったから、ふうん、そうか、認知症やったらこーゆー手続きもでけへんのかなあ?って思った。

だって、こないだ売買契約のとき、同席してた地元不動産屋さんが驚いてたもんね。ワシが「住所変更登記は自分でします」っちゅーたら、「え? 私ら司法書士のセンセーにしかよう頼みませんわ」って言われた。でもまあ、ワシが媒介契約している不動産屋Tさんは知らん顔してたけどね。

そうそう、あの敏腕Tさんはそこらへんも読めてたんやと思う。ワシがかろうじてそのぐらいのことはデキるとわかっとったんやろう。

なので、オノレを冷静に振り返ると、「すべてボケまくっとる」わけじゃなさそうだ。「デキること」もある。今回の住所変更登記のように。
でもっ! いまの会社じゃ「あんた、認知症じゃねーの?」って見られている。

そこらへんのアンバランスさが「発達障害のうたがい」なんだろうか?

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 ランキングに参加しています。お好みのカテゴリーをポチッてくだせえ。おねげえしますだ。