「こんな自分はダメだ」病を発症している私に届いたメッセージ

ただ単に「やる気が出ない」という理由でほったらかしになっているモノが山積している。もともと優先順位を考えることができない。不可能。そういう脳ミソなのさ。だから、のっぴきならない状態になってから必死こいてやることばかり。

とりあえず、妹が再就職のために必要なブツはようやく今日送った。これ、5月22日に頼まれていた。10日間も放っていたなんてっ! マジごめん、T子ちゃん! どうか就活がんばってね!

で、三日前に、カウンセラー養成講座(「ビリーフリセット・リーダーズ講座」/大塚あやこさん主宰)の受講生のヒトから「春子さん、自主トレしませんか?」ってメッセージもらっていて、これもずっと返事が書けなかった。このかた、リアルではお話したことがないのに、わざわざ声かけてくれたんだよ。

Zoomでは見かけていて、いいヒトそうだなあって思っていたのに、自分が空いている日程を知らせることができない。なぜなら、そもそもパートの6月シフトをGoogleカレンダーに入力していなくて、私、Googleカレンダーに載せていないと思考停止状態におちいるのだ。


その前に、LINEで来ているパートのシフト表を印刷しないといけないのだが、ソレができない。たぶん仕事がキラいだからシフトの印刷すらやりたくないのだ。え?今日もう6月だよね? シフト入ってたらどーすんのっ?!

イヤイヤながらやっとシフトを印刷して、ああそう、今日は出勤じゃなかったとわかり、ようやっと受講生のヒトに自主トレできる日を連絡して、おたがいに日時を調整、Zoomの招待は相手のヒトがやってくれるというのでおまかせした。ふう。

さて、カウンセラー養成講座では「課題提出」が定められている。自主トレの記録、課題図書の感想文、講座の感想文等々。さらにSNSに毎日「本日の自己承認」を投稿しないといけない。当たり前だけど、月に2日間だけ講座に出席してカウンセラーになれるわけない。講座と講座の合い間は、みずから練習や勉強にはげまないといけない。


ああ、なんかといっしょだなあと思ったら、そうだ、ピアノとおんなじだ。ピアノのレッスンに週1日通うだけでは、まったく弾けるようにならない。丸一週間ピアノの練習しないでそのままレッスンに行くなんて、そ、そんな怖ろしいことはいまだかつてやったことがない。「ぜんっぜん練習しないでレッスン行け!」って言われたら、たぶん手近な井戸に身投げするだろう。

だのに、カウンセラー養成講座の課題は5月からまったくなにも提出していない。ものすげーヤバい。だって4月下旬以降にやった自主トレなんて、なにひとつ思い出せない。そもそもだれとやったのかも雲散霧消している。

まあもう、なにをどうやっても、てかなにも対策してないけど、いっこうにやる気は出なくて、代わりに「こんな自分はダメだ」病を発症してしまった。「自己否定はやめましょう」を布教?しないといけないのに、どっぷり自己否定、罪悪感、自分責め、無価値感に浸りきっている。

そしたら今日、ある認定カウンセラーさんがメッセージをくれた。「春子ちゃん、その後いかがですか? どうしてるかなーと思っています。(中略) 動きたくなかったら動かなくていい。泣きたかったら泣いてもいい。いろいろ課題が出ているけど、それも無理しなくていいからね。(中略) 自分を責めていたら、それさえも許してあげてくださいね」


ブログに書くご了承を得ていないので、ちょっとだけにしたけど、本当はものすごく長いメッセージでね。もう読んでたら泣けて泣けて。あと、この認定カウンセラーさんは音楽関係の仕事をしているかたでもあって、まだ私はピアノのことはお話していないけど、いろいろ考えてたらまた涙が止まらない。

やさしいよねえ、みんな。でも、だからといって、ムリして課題こなさないでもいいのかな? いいんだな。

明日はピアノのレッスンだから、認定カウンセラーさんへのお返事も書けなかった。もうちょっとして書く気が起きたら、このヒトには「カウンセリングの勉強はぜんぜんできないんですけど、ピアノは毎日練習してます」って話してみたい。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 ランキングに参加しています。お好みのカテゴリーをポチッてくだせえ。おねげえしますだ。