カニカマばかりじゃホンモノのカニわからんので|大島ケンスケさんのライブ/大塚あやこさんのピアノ伴奏で

YouTubeはそりゃ便利なんだけど、すっげえ無精になる。

ちょちょっと検索したり、おすすめでたまたま出てきたのを見て聴いてわかったつもりになってるけど、なんかもうどんどん薄っぺらになるみたいですな。そのー、自分がね。

お手軽だからカニカマばっかし食ってて、ぜんぜんほんまのカニわからんとか、イチゴ味のなんとかしか知らなくてホンモノのイチゴ食っとらんとか、そんな感じだ。

あ、電子ピアノもカニカマっぽいなあ。もちろんメリットもたくさんあるよ。安いし、いい音しか出ないし、カニカマよりじゅうぶんカニに近いけど、カニはさあ、苦労してカラ向いてスジ取って、やっとありつけるよろこびもあるでしょ?


さて、私はクラシック音楽しか知らないのに、クラシックのコンサートとかたまーに行ってもうまく集中できないことが多い。さいしょからさいごまでもっと没入したいのに、なんかどっかで気がそれてしまう。そのせいもあってあんまり行かない。

だのに、去年2020年9月4日に行ったポップスのライブ「R-Spirit(アールスピリット)」ではずーっと楽しむことができた。すっごいおもしろかったのよね。クラシックとちがうおもしろさ。→はじめての音楽ライブ|R-Spirit(アールスピリット)Vol.5

そしたら今日、そのときに出演していた大島ケンスケさんが大阪でライブをするというので、わあ、ナマの音楽が聴けるじゃん! ホンモノのカニ食べられるじゃん!って飛んでいった。しかも、ピアノは大塚あやこさんだ。

さいしょの一曲目がはじまったとき、ほんとひさびさにのけぞりそうになった。おう、やっぱり直接空気の振動を浴びるのは快感だねえ。


それに、その歌にちょっと聞き覚えがあってびっくりした。いや私、一回しか聞いていない曲ぜったい覚えられないはずなのに、う~ん、去年聞いたその歌、少し覚えていて、ああそうか、ケンスケさんの歌が魅力的だったからR-Spiritがすごく楽しかったんだなあ。

つづけて何曲も聴いているうちにどんどん惹き込まれた。いやあ、クラシックとはちがって、すべてがオリジナルの曲を自在に表現できるっていいねえ。

▼大島ケンスケさん。すごく迫力もあるし、絶妙な繊細さもあるし、圧倒されてしまった。

▼大塚あやこさん。いつものように多彩な音色と、即興演奏もすばらしくて! ピアノはコンサートグランドで低音がすごく響く。



ほんと存分に音楽にひたれて、ああコレを浴びたかったんだなあと実感したけど、さらにケンスケさんのトークもよかったのだ。

去年もケンスケさんのトークが楽しくてしょうがなかったけど、今日また聞いたら、なんかもうこのひとのお話、あと1時間は聞きたいなと思ってしまった。

で、あ、そうか、私って「ひとの話聞きたい」欲望も強いんだなあと気がついてしまった。けっこう飢えていたとわかって、ケンスケさんのトークをむさぼるように聞いてたわ。

ケンスケさん、歌でもトークでもみんなをすごく楽しませてくれる。なんかやさしさやあたたかさに包まれるようで、すごく心地よかった。

歌を聴いているとき、はからずも涙が出たときがあった。え?あれ、なんでだろ?って自分でびっくり。アンコールの最後の曲でも、ケンスケさんの端正な鼻筋をなぜか凝視してしまって、あ、なんかすごくきれいでうつくしい表情だなあって思ったとたん、また涙があふれてきた。


ケンスケさんは、クラウドファンディングもされていたそうで、今日の会場にその支援者のおひとりが来られていた。多額の支援をされたそのひとのために、ケンスケさんはそのひとの「テーマ曲」を作っており、その曲もそのままみんなで聞くことができて感慨深かった。

だってね、クラシックでもそういうのはあるけど、あまりに遠いむかしの話でしょ。ベートーベンがワルトシュタイン伯爵のためにピアノ・ソナタを献呈したとか。

ワルトシュタイン伯って、ベートーベンがまだ若くて無名だったころから助けており、ベートーベンがウィーンに発つ際に「モーツァルトの精神をハイドンの手から受け取りなさい」ということばとともに送り出している。

そんなエピソードはこれまでとくになんとも思わなかったけど、今日はじめて、「曲を贈ったひと」と「贈られたひと」、そしてその場でみんなで「その曲を聴く」という体験をしたら、うわあ、そういうことだったのか、ものすごいことなんだな、音楽の力ってほんとすごいなあってちょっと震えるような思いをした。

だから、なにが起こるのかわからないもので、たまにはちゃんとホンモノのカニを食べに行くべきである。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 ランキングに参加しています。お好みのカテゴリーをポチッてくだせえ。おねげえしますだ。