どこに行っても役立たずでロクに働けなかった私は、これからどんな老人になる?

日々のあれこれ

パートを辞めたのが4月10日だ。

体調悪くなっちゃってさ、めまいとか微熱とか。

もうしんどいからパート行くのやんぴ!って開き直って、店長さんにラインで「辞めます」って送ったら、すぐに「了解しました」というお返事が来た。

それだけなんよね。いやあ、つくづく便利な世の中になったもんだと感心した。

ライン、ええわあ、最高やわ。でも、ラインはじめるとき、自分でできなくて、職業訓練の若いひとにやってもらったんだけどね。


てか、1行ずつのラインでおしまいになったのは、私があまりにも仕事できないからで、お店は辞めて欲しくてたまらなかっただけか。

だよね。

問題は、そのお店の制服を返しに行ってなかったことだ。

まず、ほころびがあって、それを縫うための針と糸を、汚部屋から発掘しないといけなかった。

なんとか掘り当てて、縫うのがおもくそめんどーだったが、糸のばして切って→ピアノ→針に糸通して→ピアノ→結び目作って→ピアノ→一針縫って→ピアノ……という具合に、なんか1個できたらごほうびにピアノあげますみたいに自分をおだてたら、繕うのも完成したわ。


さぁて、それから何週間後かにやっと洗濯して、しかしそのあと、お店に行く気がさっぱり起こらない。

なんかもう、ぜんぜん行きたくない。

行こうとちらっと思っても、身体が動かない。

ああ、そんなにもイヤだったんだな、あのパート。

てか、あそこだけじゃなくて、その前も、その前の前も、その前の前の前も、クビになったのも含めてぜんぶイヤだったと、ひさしぶりに「働くのが、泣き叫びたいほどイヤだった」のを思い出した。


とはいえ、制服が目に入るのもうっとうしいから、今日、一大決心して制服を返しに行った。

元職場が近づくにつれ、心臓がドコドコ打ちはじめた。動悸は徐々に激しくなり、ドドドドドドドドと連続する。

めっちゃ速いやん。この十六分音符、メトロノームでなんぼくらいやろ? こんなんよう弾かれへんわ、おまいはイヤがらせか?

しかし、こんなに緊張して心臓に圧迫感を覚えるのもひさしぶり。

もうね、「緊張→発表会→大惨事」という一連の記憶が、ちょうどゾンビのようによみがえってきたわ。


で、そのタカッてくるゾンビをシッシッと追い払いつつ、お店のドアを開けてなかに入った。

「あのう、お疲れ様です。遅くなってすいません。これお返しします」

店長さん「あ、どうですか? 具合は?」
「はあ、ボチボチです」

店長さんは制服を受け取ると、「はい、そしたらがんばってください」とすぐに引っ込んだ。

周りにいた社員さんやパートさんは、知らん顔して仕事していた。


私はあわててお店の外に出た。

まあ、自業自得なんだけどね。辞めてから2ヵ月半も放ってたからね。迷惑かけどおしだったしね。

そう、自分が悪いから当然のことなんだけど、でも、コタえたわ。

あーあ、人生最後の仕事が、こんな幕切れか。

高校3年のとき、イヤイヤバイトに行って、エラそうにこき使われて、それからずっとあちこち転々として、どこ行っても使いモンにならなくて、まあ終始一貫なにもできないまんまで、とうとう無職になり果てた。


ああ、結局私は「社会人」になれなかったな。

「大学生」にも、もちろん「音大生」にもなれなくて、さらに「社会人」にもなりそこなって。

え? なんだって?

そうそう心理の連中は言うんだよね。「何者にもならなくていい」って。

「あなたはそのままでいい」「存在しているだけでいい」とかウソぶくんだよね。るせえな。耳タコだわさ。


なかなか「はい、そうですか」っていかねえんだよ、うりゃあ。

たまには落ち込んでみてえわ。

でも、ええねん。

「社会人」になれへんかったけど、ホレ、「老人」にはまちがいなくなれるから。あ、もうなってるか。

そいで、さらにもっとりっぱなヤツにもなれる!

それは「年金受給者」だ。ぱああっ。


ああ、日本に生まれてよかったよ。こんなナマケモノに、来年から一生年金差し上げますって、だ、だいじょうぶかっ?! おい?!

そんな大金、いったいどこから湧いてくるんだろう?

あ、そっかー、いままさにちゃんと働いているひとたちの年金保険料や税金か。

う~ん、そっかー、私は来年から「みなさまに養ってもらって」生きていくんだね。

とってもふしぎな気もちだけど、それが事実なんだ。


そしたら、「みなさま」は、私にどんなふうになって欲しいのかな?って思った。

「すいません、役立たずで、早く死ねなくて」ってうなだれていて欲しい?
それとも「ありがとう、ラクチンでうれしいな」って笑っていて欲しい?

「みなさま」って、あそこにもここにも何百人何千人何万人もいるんだろうけど、そう、そのうちのだれかしらは「働くことが生きがい」なんだ。

そしたら、そんなひとたちは「うん、いいよ、楽しくてよかったね」って、きっと私に言ってくれそう。

だったら、笑っていていいんだね。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 ランキングに参加しています。お好みのカテゴリーをポチッてくだせえ。おねげえしますだ。