「むかしの自分」にさようなら、おまいはもう年寄りなんだよ│「1000個捨てチャレンジ」14日目 累計691個

「しょうがないよ、どんどん年寄りになるんだから」という文字と、「老婆」のイラスト 汚部屋脱出作戦「1000個捨てチャレンジ」

引っ越しするとき、引っ越し屋さんが、部屋からぜんぶ荷物を運び出したあと、いつもびっくりする。

うわ、この部屋、こんなに広かったんだ!

まあ、そもそも、これまで一度も、ちゃんと「片付け」していないし。

引っ越し前なんて、荷造りするだけで、せいいっぱい。

いつも、引っ越し屋さんが、ウチに来る直前まで、段ボールに詰めるのに必死。

でも、どこの引っ越し屋さんも慣れているから、私が箱詰めできていないモノも、ぱぱぱっと梱包して、すべての荷物を、あっという間に運び出してくれる。

お手数ですが、どれかをポチして → またお戻りください。とっても励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ




ガランとして、足音が反響する部屋になってきた

引っ越しのとき、モノがなんにもなくなって、ガランとした部屋は、とても新鮮だ。

部屋のなかを歩くと、音がよく響いておどろいてしまう。

さて、いま現在、600個以上のモノを処分したら、

うわ、足音がすごく響く!
荷物がなくなって「ガランとした部屋」の音に、近づいてきた!

いやあ、この「音の変化」は、すごくうれしいねえ。

床可視率もどんどん上昇。

冬の掛布団、カバーをかけるのも、部屋のど真ん中にフトンを広げて、ゆうゆうデキる。

生活全般、なんでもスムーズにデキるようになってきて、すがすがしい気分。

なるほどね。

「1000個捨てチャレンジ」というのは、とても適切な数字だね。

この調子で「1000個捨てる」と、めざましく変化しそうだ。



トシを取ると、本を読むのがしんどい

小学生のころ、童話を読むのが好きだった。

ウチの父ちゃん、本とレコードは、すぐに買ってくれた。

子どもだから、そんなにキチンと「こういうのが欲しい」とは言えない。

でも、たまたまだろうが、父ちゃんが買い与えてくれる本は、けっこう好みの本だった。

世界の童話を集めた、辞書みたいにぶあつい本も買ってくれた。

小学3、4年生ぐらいだったかな?

私はその本が大好きで、表紙の手ざわりまで、いまもよく覚えている。

「今日は、どのお話を読もうかな?」と、しょっちゅう楽しみにしていた。

子どものときは、そんなに本が好きだったのに、しかし、いまはもう、本を読むのがめんどくさい。しんどい。

だいたい、「読むハシから、すぐに忘れる」のが、すっごく不便。

本って、ある程度、記憶に残ってくれないと、とちゅうでサッパリわからなくなる。

「権兵衛が種まきゃ、カラスがほじくる」按配で、もうね、本はしんどすぎるわ。

まあ、だからもう、「本を卒業する潮どき」なんだと思う。



「1000個捨てチャレンジ」14日目 37個捨てた/累計691個 作業時間 2時間48分

というわけで、今回できるかぎり、本も捨てることにした。

いまは、それこそアマゾンのおかげで、古本もかんたんに手に入る。

読めそうにない本は、いったん手放そう。

どうしても欲しかったら、また買ってもいいし。

いや、たぶん、もう買わないだろうなあ。

これから、5年、10年たったら、もっとデキないことが増えるし。

そろそろ、いろんなことを「あっさりあきらめて」、いまデキることだけに専念しよう。

No.0655-657 バインダー2個、雑誌

No.0655-657 バインダー2個、雑誌

買取不可の古い雑誌。
本といっしょに出てきたバインダー。
さっさと捨てる。
No.0658-691 本 34冊

No.0658-691 本 34冊

ぜんぶは撮影できなかったが、今日は、34冊の本や楽譜を捨てる。

楽譜は、バイエルやブルクミュラー25、ツェルニー100番とか。

え? トシ取って、バイエルしか弾けなくなったとき困る?
そのときは、また買ったらいい。




大きすぎる段ボール箱を小さくする

「もったいない本舗」へ売る本 40冊

「もったいない本舗」へ売る本 40冊

この40冊を、「もったいない本舗」に買い取ってもらうことにした。
上部にスキマがある段ボール箱

上部にスキマがある段ボール箱

段ボール箱に詰めたら、上がスカスカ。
これだと、送料が高くなるし、本も傷みやすい。
送料は、業者さん負担だが、できれば安くしておきたい。




段ボール箱│上部の空きは、上から18cm

段ボール箱│上部の空きは、上から18cm

段ボール箱、上の空きは18cmなので、
段ボール箱│上から18cmのところに、線を引く

段ボール箱│上から18cmのところに、線を引く

段ボール箱の外側に印をつける。

上から18cmのところに、ボールペンでぐるっと線を引いておく。

段ボール箱の余分な部分を、カッターで切り取る

段ボール箱の余分な部分を、カッターで切り取る

その印を目安に、カッターで折り目などをつけて、箱を縮小する。

今回、縮小前は「120サイズ」だったけど、縮小したら「100サイズ」に収まった。

というようなことを、古本せどりをしてたころ、よくやっていたのでね。

120サイズとは、縦・横・高さの合計が120cm以下である箱。
100サイズとは、縦・横・高さの合計が100cm以下である箱。
「みかん箱ぐらい」とは、100サイズ。比較的、ラクに持てる大きさ。



本│どのぐらい減らせたか?

もっと思い切ったらいいのに、まだ手元にたくさんあるよ。

買取に出す本:132冊
残っている本:75冊 (ふつうの本 46冊、楽譜 29冊)

うむ、意外と楽譜が多い。
弾けない楽譜、持っていてもしゃーないのに。

オクターブが出てくる楽譜を、ぜんぶ捨てると、きっと数冊になってスッキリしそうだが。

「ふつうの本 46冊」も、なるべく読んでいって、随時処分したい。

音楽関係とかプログラミングとか、未練がましくいろいろありすぎ。

めざせ! 本ゼロの人生!

まあ、トシを取ったら、柔軟に価値観も変えていかないとねえ。

どうもまだ、「本を読めていた自分」に、執着しているみたいだよ。

同じカテゴリーの、つづきはこちら
汚部屋のせいで、いっちゃんヤバいのはコレ│「1000個捨てチャレンジ」15日目 累計714個
汚部屋で、おもくそ困ることは? まず、「モノがどこにあるか、わからない」ってのは、日常いつものことで。 で、モノが散乱して、足の踏み場もないと、気もちもすさんでくるなあ。 でも、いっちゃん困るのは、「ひとに...
同じカテゴリーの、前回はこちら
元せどらーがコッソリ教える「古本を高額で買い取ってもらう裏ワザ」│「1000個捨てチャレンジ」13日目 累計654個
かつて私は、「古本せどり」をやっていた。 ブックオフや地元古本屋で、利益が出そうな古本を仕入れて、アマゾン(アマゾンマーケットプレイス)で販売していた。 そんなに熱心にやってたわけじゃない。 6~7年ほ...
タイトルとURLをコピーしました