自分が「相手を支配するために話していた」と気づいた意外なきっかけ

日々のあれこれ

自分が思ったことを、そのまま野放図に、相手にしゃべるって、ものすごく無神経なことだ。

とくに、家族に対して、ね。

「家族になら、なにを言ってもいい。なに言っても許される」という、それこそ「甘え」が、自分にあったと痛感している。

今年7月より母と同居してからも、私は母に言いたい放題だった。

お手数ですが、どれかをポチして → またお戻りください。とっても励みになります!

にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

とくに、母の身体に関することは、「母のためになる」という名目で、一から十まで口出しして、エラそうに小言を言い放っていた。

コレって結局、母を「支配」したかったんだな。

私は、母より「優位に立ちたかった」んだ。

それだけ。

そんなふうな「主導権争い」を、ああ、母と私はずーっとやっていたんだなあ。

だが、いま私は、母に対してほとんど話しかけない。

日常のことや用事に関しては、ごくふつうになごやかに会話する。




ただし、私が母に「こうしたらいい、ああしたらいい」は、意識してなにも言わなくなった。

私の態度が、このように変化したのは、意外なきっかけがある。

それはじつは、「私の体調の変化」

私は以前、心臓の持病があり、しかしそれは手術によって完治した。

なんだけど、いまでも疲れやストレスが溜まると、心臓が不穏になる。

胸の圧迫感や動悸、息苦しさとかね。

なので、心臓クンがゴキゲン斜めになると、ああ、自分、ムリしてるんだなあってわかる。

んで、今回は11月に入ったころから、心臓のヤツ、文句垂れはじめてな。

胸苦しさや動悸が、徐々にヒドくなってきた。

ことに、母に対してしゃべっているときがヤバい。

声を出して話すと苦しいんで、必然的にしゃべるのを控えるようになってきた。

と同時に、私が母にあれこれ指図するのは、コントロールだなあ、という自覚もめばえてきたのだ。




つまり、いま思えば、私の心臓が、私に警告してくれたんだね。

「母ちゃんをクドクド叱るの、やめなはれ。

それは結局、あんた自身を窮地に追いやることになりまっせ。

あんたがホントにやりたいことは、だれかを支配することじゃねーだろ?」って。

だから、私は母に対して、なにかアドバイスめいたことを言うのを、すべて止めた。

それは、アドバイスじゃなくて、「支配、コントロール」だと、よくよくわかったからだ。

「身体が教えてくれるコト」は、ほかにもあった。

ふしぎなことに、心臓クンの不穏とおなじ時期に、耳にも異変があった。

左耳に耳鳴りが発生。

そして、右耳は「耳管開放症」になった。

これらも、疲れやストレス時にときどき発生する。

が、耳に関しては、母のことは無関係だった。

原因は「ピアノを弾いているときの歯ぎしり」だった。




いやあ、あたしゃ、ピアノ弾いているとき、自分が歯ぎしりしちょるなんて、ぜんぜん気がつかなかったべ。

そういえば、ずっと前、ピアノの先生に、

「笑顔になって弾いてください」とか、

「おうちで、口をポカンと開けて練習してみてください」とか、言われてたよ、たしかに。

でも、まさかね。

自分が、ギリギリ歯ぎしりしながら、ずーっと練習しとるとはね。

ああ、心臓のことと言い、耳がオカしいことと言い、自分の身体なのに、その身体が発するメッセージって、ほーんと気がつかないもんだねえ。

いま現在、日々改善しようと思っている。

母には黙して語らず。

ピアノは、呆けたように口を開けっぱなし。

ゆるゆるリラックスしつつ、粛々と毎日を過ごそう。

同じカテゴリーの、つづきはこちら
ウチの母のヒザにも、怖ろしい「アレ」がついに来ました
母の食欲がめっきり落ちてから、12日間が過ぎた。 しばらくは、室内を移動するのに、シルバーカーを使うのもムリだった。 そのときは、キャスター付きのイスを、私が押して、トイレや洗面所へ連れて行った。 ただ、一日だけ、母が「自...
同じカテゴリーの、前回はこちら
「母がわがままに見える原因」を作ったのは、じつは私だった
母が、食欲不振で食べられないのを、内科のお医者さんに、 「それは甘えや。わがままや」と言われたことは、いろいろ考えさせられた。 母のこと、全般を見てみたら、まあ、たしかにそういう面は、一部あるかもしれない。 じつは、「わが...
タイトルとURLをコピーしました