どうして食べたくないのか? ナゾの病気に苦しむ母を運んでくれるのは〇〇〇│すいませんと謝りたい私

日々のあれこれ

母が、いっそう食べなくなってしまった。

先日、ウチから近い、内科クリニックを受診した。

そのときの血液検査の結果がすべて出たので、午前中、私だけが訊きに行った。

先生は、いたってふつうに、ていねいに説明してくださった。

お手数ですが、どれかをポチして → またお戻りください。とっても励みになります!

にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

検査結果では、ほぼ正常で「とくに食欲がなくなる原因は見当たらない」とのこと。

母も私も、腎臓を心配していたが、

先生「年齢としては、このぐらいですね。

あと、血糖値も、年齢のわりに低すぎるほどだね」

そして「食べられていないので、ちょっと栄養が悪いですね」と言われた。

先生「あれから、食欲はどうですか?」

「はい、あまり変わらないですね。

ゼリー飲料とかプリンぐらいしか、食べられないです」




「まだつづくようなら、消化器の検査とか、胃カメラとか、やってみましょうか?」

そういうような説明を受けて、私はウチに戻った。

さて、母は、ここのクリニックの先生に対して、不信感満々。

また、入り口のスロープがキツすぎて、もはや私も引き上げるのがギリギリ。

帰りは、看護師さんに駐車場まで、いっしょに介助してもらったほど。

なので、母は、

「あそこへは、もうぜったい行かない」という。

まあ、そうなるとは思っていた。

ただ、いちおう胃カメラのお話とか、伝えてみたものの、

母「胃とか腸が悪いんじゃないと思う。

検査はしんどいからイヤ」

たしかに、胃の具合がよくないなんて、いちども聞いたことないし、お通じも正常だ。




ただねえ……

なんつーか、母から受ける印象がね。

「食べたくないから食べない」と言う、その口調が、なんかさあ、やや捨て鉢な感じで。

また、お医者さんについても、

母「食欲がない原因をわからないなんて、医者の役割を果たしていない。

寒いなか、苦労して行ったのに、なにもしてくれなかった」と嘆いている。

とはいえ、母もしんどいのはしんどいから、

「どうして、こんなにしんどいのかしら?

理由がわからない」と苦しそうにしている。

困ったな。

ウチの近くにある、べつの内科クリニックも、歩けるようなら連れて行けるが、いまの状態ではまったくムリ。

食べないからか、なんなのか、私にはわからないが、母はどんどん動けなくなってきている。

今日はもう、ふとんにもぐったまま、目も開けられない。




午後2時47分、これまでの経緯をケアマネさんにラインで報告。

午後3時、ケアマネさんからTELがあり、

「それはもう、救急車を呼んだほうがいいです」とのこと。

う~ん、救急車では、どこの病院に搬送されるのか、わからないからなあ。

なので、私が、またまた内科クリニックへ、夕方からの診察に間に合うよう行くことに。

結果的に、先生はある総合病院への紹介状を書いてくださった。

そして、明日の朝、救急車を呼んで、その病院へ向かうことになった。

そんなこと、デキるとは知らなんだ。

ケアマネさんにその旨を報告したら、ケアマネさんもその病院をご存じで、

「私からも病院に連絡しておきます」とのこと。

ちなみに、紹介状作成については無料だった。

みなさんに助けられて、ほんと感謝。

ふう。

同じカテゴリーの、つづきはこちら
えっ?! もうそんなエグい質問をされるのっ?!│救急搬送された母│その1
昨夜9時に寝たが、12時半に目が覚めてトイレに行ったら、母の部屋から灯りがもれている。 どうしたのか開けてみたら、 「照明のリモコンを落としてしまって拾えず、明るいので眠れない」とのこと。 眠剤半錠を飲んでもらい、灯りを消...
同じカテゴリーの、前回はこちら
ウチの母のヒザにも、怖ろしい「アレ」がついに来ました
母の食欲がめっきり落ちてから、12日間が過ぎた。 しばらくは、室内を移動するのに、シルバーカーを使うのもムリだった。 そのときは、キャスター付きのイスを、私が押して、トイレや洗面所へ連れて行った。 ただ、一日だけ、母が「自...
タイトルとURLをコピーしました