「胃に穴あけますか?」は、わりとお気軽な質問だとわかったいきさつ

日々のあれこれ

母が救急搬送されたのち、主治医の先生から、私に対して、

「胃ろうなどの延命治療は、どうしますか?」

と尋ねられて、超ビビッた。

90歳ともなれば、そういうことも、常日ごろから考えておくものだろう。

お手数ですが、どれかをポチして → またお戻りください。とっても励みになります!

にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

ま、私は母にも、

「胃ろうどうする?」と、たまに訊いたりしていた。

母「ヤだよう、そんなにまでして、生きてたくないわあ」

私「そうお?

母ちゃん、なんだかんだ言っても、シブといから、

『胃ろうなんてヤだあ』ってゴネながら、管ぶら下げて、生きていそうな気がする」

母「ヤだよう~」




私「『お試し』ってあるかな?

『お試し胃ろう』とかやってみて、あかんかったらヤめるとか」

母「お試しもヤだあ、手術なんてぜったいヤだあ」

「鼻から管入れるのもあるよ」

「ソレもヤだあ!」

そりゃま、だれでもそんなんイヤだよね。

母は、上の階の騒音に悩まされている。

私には、たいした物音に聞こえないのだが、母には耐えられない。

だったら、耳栓を試してみたらいいのに、これも母は、

「私、異物を入れるの、ぜったいイヤっ!」

と断固として拒否。

耳栓すらあかんヒトが、やれ胃ろうだの経鼻だの、ふう、難題だね。

ただね。

母ちゃん、アタマが明晰でしょ?




ほんま、アタマはどうもなくて、騒音問題のことだって、

「マンション管理会社は、居住者に対して、良好な環境を提供する義務があるのよ。

場合によっては、訴えるわよっ!」とイキまいていた。

こないだ救急車内へ運ばれたときも、救急隊員のヒトが母に、

「きょうはぁ、なんがつなんにちかぁ、わかりますかぁ?」と尋ねたら、

母ちゃん「11月30日」と目をつむったまま、即答しよったわ。

「お、スゴいですね」と隊員のヒト。

ほんま、土気色してて、いまにもどうかなりそうな、アブねえばあちゃんが、どうして日付はすぐ答えられるんだか。

だからねえ、いまの時点で延命ウンヌンは、ちょっとねえ。

まだ「どの管がええの? それとも管いらん?」ってのは、どうなんっしょ?

で、とりあえず「管問題」については、ケアマネさんに尋ねてみた。

ケアマネMさん「ああ、入院したら、だいたい訊かれますよ」

なるほど~。

じゃ、コンビニのレジで「袋いりますか?」みたいに、

入院して「管いりますか?」って、カジュアルな質問なのかっ!




私「Mさんのご経験では、延命治療後、みなさん、どうなりますか?

もちろんケースバイケースでしょうけど」

Mさん「8割のかたは、残念ながらそのままです。

でも、2割のかたは、元気になって、また、口から食べられるようになります」

ほう、2割も回復するとは知らなんだ。

やっぱり経験豊富なプロに訊いてみるモンだねえ。

私「じゃあ、みなさん、どうやって決めるんですか?」

Mさん「いやあ、それはもう、みなさん迷いますよ。

迷って迷って決めても、またあとで変えたり。

だから、その都度考えていけばいいと、僕は思います」

あと、Mさんは、K総合病院のケースワーカーさんとかも、よくご存じとのこと。

「なんでも相談してください」と言ってくれた。

ふう、ありがたい。

心強いこと、この上ない。

同じカテゴリーの、つづきはこちら
病院は貧乏人にはこんなに冷たい?!
母が入院したのは、11月30日の朝だ。 そして、昼前に15分だけ面会できた。 本来、11月末までは、面会は月1回のみ、時間は10分という決まり。 それを大目に15分まで延ばしてもらえたが、やっぱり短いのう。 お手数で...
同じカテゴリーの、前回はこちら
「私のせいで母が悪くなった」と思い当たる理由
母の入院は、まったく予想していなかったので、かなりとまどっている。 まだサ高住に入所していたころ、母は私に毎日電話をかけてきて、2~3時間話していた。 そりゃもう、私はヘトヘトだったが、母ちゃん、 「3時間なんてまだ足りな...
タイトルとURLをコピーしました