病院は貧乏人にはこんなに冷たい?!

日々のあれこれ

母が入院したのは、11月30日の朝だ。

そして、昼前に15分だけ面会できた。

本来、11月末までは、面会は月1回のみ、時間は10分という決まり。

それを大目に15分まで延ばしてもらえたが、やっぱり短いのう。

お手数ですが、どれかをポチして → またお戻りください。とっても励みになります!

にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

次回の面会は、12月14日だ。

病院で勧められた「アメニティセット」(寝巻、タオル、洗面、お風呂のセット)は、あとで断った。

1日あたり451円もする。

1ヵ月で13,530円。

おむつ代は別途、月16,110円。

あと食費もかかるし、肝心の入院費がどうなるのか怖ろしい。

まあ、削れるモンは削るとして、アメニティセットは、きっちり断わった。

そうすると、洗濯物の受け渡しが必要になる。

ココの病院には、いろいろな規則があって、そのひとつに、

「家族が、病院に電話をするのは禁止」というのがある。

まあ、そんなのにいちいち対応していられないのだろう。




病院側は「『なにかあったときだけ』、病院から家族さんに連絡します」という。

私は、入院の翌日、うっかり病院に電話をかけてしまった。

すると、「変わりありません」としか答えていただけない。

私「母は、食事を取れていますか?」

病院スタッフ「患者さん、ひとりひとりの状況は、お答えできません」

私「では、家族が病院へ出向いたら、教えてもらえますか?」

「それも、できかねます。

患者さんに、なにかあれば連絡しますが、

変わりがない場合、いちいち対応するほど、余裕はありませんので。

もう電話はかけてこないでください

う~ん。

しばらくモヤモヤしたぞ。

ただし、ずっと以前、父が入院していた病院でも、私が電話をかけたら、

「電話では、本当にご家族かどうか確認できないので、いっさいお答えできません」と言われたのを思い出した。

まあね、たしかにね。




ものすごくたくさんの入院患者がいるのに、その家族の電話に、時間を割くのは、そりゃむずかしいよね。

あと、主治医の先生に、家族が会うのも禁止。

ふうん、そうすると、家族は病状も治療も、なんにも知る手段がない。

まあ、患者が携帯を持っていたら、問題ないけど。

あいにく、母は固定電話にしちゃったし、スマホは持っているが、ウチのWi-Fiでしかつないでいない。

それに、入院前はかなり衰弱していたので、連絡手段まで気が回らなかった。

で、現実的に困るのが、洗濯物の有無。

もうこうなったら当たり前だけど、

「洗濯物、ありますか?」なーんて、訊くわけにいかねーじゃん?

とりあえず、昨日の夕方、病院まで出かけて行った。

念のため、追加のタオルや、母が日ごろ使っていた手帳やペンを持参。

ちなみに、入院初日に持って行った荷物は、受付ですべて念入りにチェックされた。

洗面用具を入れるケースとかは、「置き場所がないから」と返される。

母が使っていた、ごく小さいゴミ箱(8センチ角)も、同じ理由で却下。

ところが、昨日は「検閲」はなし。




なんか刑務所への差し入れみたいに、ドキドキしていたが、今回はすんなり受け取ってもらえた。

そして、しばらく待ったのち、母の洗濯物を持ってきてくれた。

私「お手数をおかけして申し訳ありません。

母の具合は、いかがでしょうか?」

看護師さん「変わりありません」

私「そうですか。

腰の痛みのために、先日コルセットも渡しましたが、どうですか?」

「さあ、わかりません」

看護師さんからは、さっさと切り上げたい様子がうかがえた。

私は「ありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします」とアタマを下げて、すぐにその場を離れた。

ちゃんとアメニティセットを利用している患者さんは、こんな手間がかからない。

なんとなく、アメニティセットすら使えない「貧乏人」は、

ちっ、手間かけやがって、みたいにあしらわれているような気がした。

ま、どう思われようとも、病院へはしぶとく押しかけるぜ。

同じカテゴリーの、つづきはこちら
母の延命治療をどうするか?│私の考えは固まった
どうも落ち着かない。 で、いろいろ考えてしまう。 べつにね、母の治療について、私が悩む必要はないんだが。 治療するのはお医者さんだから、そう、家族は鼻唄でも歌ってたらいいんだが。 お手数ですが、どれかをポチして → ...
同じカテゴリーの、前回はこちら
「胃に穴あけますか?」は、わりとお気軽な質問だとわかったいきさつ
母が救急搬送されたのち、主治医の先生から、私に対して、 「胃ろうなどの延命治療は、どうしますか?」 と尋ねられて、超ビビッた。 90歳ともなれば、そういうことも、常日ごろから考えておくものだろう。 お手数ですが、どれ...
タイトルとURLをコピーしました