母の延命治療をどうするか?│私の考えは固まった

日々のあれこれ

どうも落ち着かない。

で、いろいろ考えてしまう。

べつにね、母の治療について、私が悩む必要はないんだが。

治療するのはお医者さんだから、そう、家族は鼻唄でも歌ってたらいいんだが。

お手数ですが、どれかをポチして → またお戻りください。とっても励みになります!

にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

入院してるんだから、ぜーんぶ病院まかせで、あたしゃなんにもせんでいいはず。

病院は「なにかあったら、家族に電話します」と言ってくれた。

てことは、電話がなかったら、異常なし。

だけどねえ。

今日は、なんかドッと疲れが出た。

母と同居してから、どういうわけか、夜中の1時~2時に、パチッと目が覚める習慣がついた。

いったんシャキッと目が覚めて、おもむろにトイレに行き、それからまたふとんに入る。

だのに、今朝?は3時半に目が覚めて、それからは寝付けなくて、まあ4時半には、もう起きた。




で、つい、これから母はどうなるのかなあって。

延命措置については、ネットでちょこちょこ調べている。

私は、もう決めた。

延命治療、バリバリにやってもらいたい。

やれることは、ずーっとしっかりやってくれたまへ。

だってね。

いますでに、母は十数個のクスリを飲んでいる。

ソレだって、延命っちゃあ、延命だろう?

クスリ飲むのと、胃ろうとかで食事摂るのと、なにがどうちがうのか?

胃ろうはOKだが、心臓マッサージはNGとか、しろうとがどう判断すんの?

だれがどこで線引きすんの?

で、私は、だいたいさっさと結論が出るので、延命措置、どうぞ延々とがんばってな!にした。




ま、それは、もしお医者さんが「家族はどうなん?」って訊いたときのハナシ。

延命措置をどうするか?を決めるのは、もちろん母自身だ。

そう。

だから、延命ウンヌンについて、まずは母ちゃんに丸投げすべきだ。

母が「もうしんどいからイヤ」と言うなら、それでいい。

私は、母がどういう状態であっても、それに対して、なにも判断しない。

もし母が迷って、私に尋ねたとしたら、

「とりあえず、生き延びるほうをお勧めするよ」と答える。

でも、決めるのは、母だよねえ。

その時点での、母の考えを「終末期医療に関する事前指示書」に書いておいてもらう。

フォームは、ネットでかんたんに手に入る。




これは、いつでも修正・撤回できる。

うん、だから、ほんと「お試し」で一回書いてもらおう。

つぎの面会のとき、持って行こう。

で、母ちゃん、ビビりまくるだろうけど、

「いやいや、コンビニで『袋いりますか?』みたいなもんだから」って、さっさと書かせよう。

とりあえず、袋、もろといたらええやん?

エコとか環境とか、どうでもええわ。

母ちゃん、きっと「しんどいのイヤ」って言うだろうが、

これまでの人生、ずーっとしんどかったんだから、まだまだ最期までしんどくて、それでよろしい。

なにせずーっと「不幸だ、イヤな目しか合わない、運が悪すぎる、ダレソレにあんなことされた、こんなことされた」と、綿々と言うとるんやから、もうそういう人生なんだよ、あんたは。

あくまでも私の考えだが、それでも生き抜いてほしいのだ。

もうあきらめて、もっと苦しんでな。

同じカテゴリーの、つづきはこちら
えっ?! ウチのなかの介護用具はぜんぶ撤去回収?
今年5月はじめに、サ高住にいた母に、私が電話をして以来、バタバタバタ~ッと走りづくめだったかね。 当時母は、そこのサ高住に住んで3年たっていた。 しかし、法外な追加料金を請求されたり、スタッフさんにいじめられたり、食事が非常にマ...
同じカテゴリーの、前回はこちら
病院は貧乏人にはこんなに冷たい?!
母が入院したのは、11月30日の朝だ。 そして、昼前に15分だけ面会できた。 本来、11月末までは、面会は月1回のみ、時間は10分という決まり。 それを大目に15分まで延ばしてもらえたが、やっぱり短いのう。 お手数で...
タイトルとURLをコピーしました