ババアの悪あがき|年金を1円でも多く巻き上げるために、いまやっておくこと

「うりゃ、もっと鍛えんかい」という文字と、「女性たちが運動する」イラスト 年寄りの運動

私は、いま59才で、来年春には60才となる。

10年ほど前から、老化現象がはじまった。

いっちゃんはじめに出てきた症状は、「もの忘れ」で、それは48才のときだった。

当時、新しくコンビニのパートに勤めはじめた。

店長さんは、とても若い男性だったが、新入りの私を指導するとき、いろいろなエピソードをまじえて、懇切ていねいに教えてくれた。

レジの操作や、商品の並べかたも、驚くほど、微に入り細をうがって、ゆっくり説明してくれる。



コンビニの仕事をぜんぜん覚えられなくて、仰天した10年前

だが、そのとき、私ははじめて気がついた。

こんなに、ていねいに教えてもらっているのに、聞いたハシから、ぜんぶ忘れてしまう!

とくに、レジの打ちかたは、壊滅的だった。

まず、「商品のバーコードを読み取る」ということを、すぽーんと忘れてしまう。

店長さんが「お客さん役」になり、商品を持って、レジ台に向かってくる。

ところが、私は、

ええと、なにをするんだっけ?

とわからなくなって、やみくもに、レジのキーを適当に押したりした。

まあ、レジ操作ぜんぶが、こんな調子で、まったく覚えることができなかった。

店長さん
店長さん

そのうちに慣れますよ。
だいじょうぶです。





しかし、研修の二日目になっても、相変わらず、まったくレジを打てなかった。

それでも、店長さんは笑顔で、何度もていねいに教えてくれた。

これは、オカしい。
ここまで、覚えられないのは、だいぶんヘンだ。

そのコンビニに勤める以前、いろんなパートへ行った。

「仕事が遅い。遅すぎる」という注意は、どこでもされていた。

「遅い」ってのは、いつも言われることなので、そんなのは聞き流していた。

でも、じつは、「仕事を覚えられない」ということは、それまでなかったのだ。

いまから思うと、もう遠いむかしのことだが、40才を過ぎても、「記憶のおとろえ」ってのは、とくに感じなかったんだよねえ。



「覚えていない自分」を、なかなか認められない

それが、48才のコンビニパートで、とつぜん「まったく仕事を覚えられない」ということに、直面してしまった。

かなりショックだったねえ。

「ついさっき、起こったことを、ぜんぜん覚えていない」というのは、当時、けっこう「恐怖」だった。

自分が、「自分じゃなくなる」ような感覚だった。

「ある程度連続して、記憶が残っていて、日常に差し支えない」ってのは、「自分らしさ」の一部かもしれない。

二日目の研修のあと、私はICレコーダーを購入した。

三日目からは、店長さんにお断りして、そのICレコーダーで、仕事中ずっと録音した。

ウチに帰ってから、再生して、文字起こしし、たくさんメモを作る。



店長さん
店長さん

ぜんぶ聞き直すのは、タイヘンでしょう?
研修中に、メモ作って、かまいませんよ。

いえいえ、やりながら書くのも、混乱してむずかしいんです。

店長さんは、私がレジに入るとき、レジ周りに、ずらーっとメモを貼り付けてOK、としてくれた。

それが、「もの忘れ」のはじまりだった。

まあ、そういう「外部記憶装置」で、ある程度なんとかなるものの、とうとう「覚えること」はできなかった。

だから、それでなくても手が遅いのに、いちいちメモを探して、読みながら操作するので、さらに時間がかかる。

とうぜん、怒り出すお客さんもいた。

しかし、店長さんもほかのスタッフさんも、おおむね好意的だった。




ただ、大学生アルバイトの男性は、よくふしぎそうにしていた。

バイトくん
バイトくん

それ、つい3分ほどの前のことですけど。
ほんとに覚えていないんですか?

そうね、覚えていないねえ。
自分でも困るんだけど、勝手に忘れていくんだよねえ。

バックルームから「ふたつの商品を取ってくる」という行為でも、やっぱり「ひとつだけ取ってくる」というたぐいのミスばかりする。

数をまちがえる。種類をまちがえる。日付がわからない。言われたことをすぐ忘れる。

それが、若いひとには「ふしぎな行動」に見えるようだった。

さて、その後、またもパートを転々とし、どこへ行っても「仕事を覚えられない、デキない、遅い」と、ずっと言われつづけてきた。



それ以上「もの忘れ」は悪化していないのだから

けれども、そのおよそ10年ちょっとを、振りかえってみたら、

あれ? そんなに「悪化」はしていないかもね。
「もの忘れ」の程度は、それほどヒドくなっていないよ。

そうなのだ。

どこでも「使いモンにならない」のはたしかだが、「どんどん悪くは、なっていない」

たとえば、出勤日をまちがえるのも、月に一度ぐらいだし、会社の場所を忘れるといったこともない。

ウチから会社まで、ぼーっとしていると道をまちがえるが、会社へ行きつけなかったことはないのだ。




パートそのものは、今年4月で、もうやめた。

でも、自分でスーパーへ買い物も行けるし、お金の支払いもできる。

クルマの運転も、ごくたまにぶつける程度。

おっと、このぐらいひとりで生活できていたら、「もの忘れが、ヒドくて……」なんて、悩まなくていいかもね。

じっさい、仕事以外で困ったのは、去年受講した「カウンセラー養成講座」ぐらいだ。

受けていたときは、やっぱり講座の内容を、かたっぱしから忘れるので、茫然としていた。

それじゃ、ちゃんと復習すればよかったのに、なんかしんどすぎて、とうとう復習はできなかった。

受講生同士で、カウンセリングの自主トレをすると、これまた、クライアント役のひとの話を、どんどん忘れていく。



わあ、どうしよう?
マイッたなあ。

と、困り果てていたが、結局、もうカウンセラーにならないことにしたので、問題なし。

なーんだ。

要するに、「仕事をしよう」とすると、「人並みの記憶力」を必要とされるが、べつに働かないんだったら、そんなに覚えていなくてだいじょうぶだ。

じっさい、パートをやめてからあと、「なにかを忘れていて、自分が困った」ということは、まずなかったはず。

あ、妹の話を、リアルタイムに理解できなくて、妹がちょっと困っていたことは、あったかな。

そのぐらいだね。




だから、ずいぶん長いあいだ、自分のことを「もの忘れがヒドいダメなババア」と決めつけていたけど、あ、もうその必要はないんだなとわかった。

で、オツムがパープーなのは、もう放っておく。

じゃなくて、もっと重要なのが「身体」

ここしばらく、腰痛、膝痛、あちこち関節全滅で、ほとんど動けない。

痛いから動きたくないのだが、それやってると、ほんとに動けなくなるらしい。

えーっ?!



ウチの中でできる運動|スローステップ運動

なので、ようやく今日から「運動」開始したよ。

とりあえず、5分間、運動した。

台所との境目に、10センチの段差がある。

台所との境目にある段差

台所との境目にある段差

流しにつかまりながら、その段差を、ゆーっくり、上がったり下がったりしてみた。




自宅で効率的にできる有酸素運動!「スローステップ運動」|ためしてガッテン

自宅で効率的にできる有酸素運動!「スローステップ運動」|ためしてガッテン

自宅で効率的にできる有酸素運動!「スローステップ運動」
名前の通りゆっくりと踏み台を上り下りするだけの運動ですが、効果は絶大です。
実は、ゆっくり動いたときに主に働くのは「遅筋」という筋肉。遅筋は酸素を消費しながら活動するので、効率的な有酸素運動につながるんです。さらに、この運動法は背中やおしり、太ももなど大きな筋肉を使う全身運動なので、ウォーキングよりも消費カロリーが大きくなります。減量効果まで期待できるすぐれワザなんです。

出典 自宅で効率的にできる有酸素運動!「スローステップ運動」|ためしてガッテン

▼ほんとは、こういう台でやるらしい。

でも、買うのは慎重に。

これ以上、モノ増やしたくないから、しばらく台所の段差でやってみる。

痛くても、じわじわがんばった。

たった5分間だけど、わあ、気分変わるねえ。

あ、ほんま、つづけよう。

タイトルとURLをコピーしました