「ぷー太郎 → 廃人一直線」をやめるためにはじめたのがコレ

「廃人にならないために、いまできること」という文字と、「男性が倒れている」イラスト 年寄りの運動

「運動不足」が、どうして良くないことなのか?

これ、私はとくだん意識していなかった。

「ふつうに生活」していれば、多少の「運動不足」はどうってことないと、甘く見ていた。

しかしだねえ。

今年4月にパートをやめたもんだから、相当ヒドい「運動不足」におちいっている。

スーパーに買い物行くのも、ついクルマ使っちゃうし。

どうかすると、買い物に行かない日もあるし。

ほんま、歩かんのよ。

1DKの部屋で、ヒッキーやってたら、1日50歩も歩かんのちゃう?

お手数ですが、どれかをポチして → またお戻りください。とっても励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ





で、そういうのが数ヵ月つづいたら、ついにマンションの階段があかんようになった。

上り、手すりにつかまって、一段ずつ両足そろえてしか上がれなくなった。

部屋は3階なのだが、とちゅうで息切れするし、動悸で胸に圧迫感を覚える。

さすがにこれはヒドい。

こりゃもう、老化じゃなくて、単なる「怠慢」でここまでヒドくなっているのだ。

そもそも「歩く」ということを、ひじょうにナメていた。




▼この本、すごいベストセラーになっている。

私たちの体を構成する「部品」は、それぞれがかなりの重量を持っている。体重が50kgの人であれば、頭は5kgほどもある。足は一本あたり約10kg、腕も一本4~5kgほどあり、意外なほどにずっしり重い。
私たちは日頃、自分の「部品」の重さを自覚することがほとんどない。これほど重いものを毎日「持ち運んでいる」にもかかわらず、意外にもそのことに気づかないのだ。(中略)
体を毎日「持ち運ぶ」作業を怠れば、見る見るうちに筋肉は弱ってしまう。
程度の差こそあれ、無重力の空間から地球に帰還した宇宙飛行士が、支えなしには歩けなくなっているのと状況は似ている。
出典 すばらしい人体――あなたの体をめぐる知的冒険│山本 健人

これを読んで、はじめてわかったよ。

そっかー、「歩く」って「60kgの物体を持ち運ぶ」という作業なんだな!

そこまでタイヘンな作業ならば、「毎日トレーニング」しておかないと、そりゃデキなくなるよなあ。




たとえば、「老人が寝たきりになると、たちまち歩けなくなる 」らしいということは、知識としては知っていた。

けれども、ぜんぜんなんのことかわからなくて。

実感なし。

しかし、それは「老人が寝たきりになると、60kgのモノを持ち運べなくなるってことなら、とても腑に落ちる。

てか、その老人、おまいだろ?

いちおう毎日起きてるけど、「体を運ぶ作業」はまったくやってないんで。

けどさ、「自分で体を運ぶ作業」は、これから少なくとも十数年は、やれるほうがいいよね。

なので、先日ようやくウォーキングを再開した。




今日までに、飛び飛びで5日間ほど歩いたかね。

一日あたりの時間は約30分。

ウチを出てちょっと遠回りして、スーパーに寄って帰るルート。

歩いて15分ほどたつと、胸がキューッと苦しくなる。

なので、歩幅をうんと狭くする。できるだけゆっくり歩く。

スーパーまでたどり着くと、まずイートインスペースで休む。

しんどい。鼻水も垂れてくる。

買い物してウチに帰ると、疲れ果てている。

一時間ほど横になってゴロゴロする。

だのに、はあ、5日やったくらいじゃ、まだなんの変化もあらわれない。




ただ、むかし山登りをやっていたから、「このぐらいおとろえると → 回復までどのぐらいかかるか?」というメドは、なんとなく立つ。

こりゃねえ、ここまで落ちるとだな、「ふつうにスタスタ歩く」まで3ヵ月はかかるかねえ?

しかし、「筋肉は正直」だからね。

できるだけ毎日歩けば、きっとなにかしらの変化はあると思う。

「体を動かすたぐい」って、ウォーキングにせよ、ピアノにせよ、毎日正しくつづければ、まだ変わるだろう。

などと楽観していられるのも、これから10年が関の山。

あ、食生活の改善も並行してやらないと。

「60kgの生物」をちゃんと動く状態で維持しようと思ったら、けっこう手間暇かかるモンだな。

同じカテゴリーの、前回はこちら
ババアの悪あがき|年金を1円でも多く巻き上げるために、いまやっておくこと
私は、いま59才で、来年春には60才となる。 10年ほど前から、老化現象がはじまった。 いっちゃんはじめに出てきた症状は、「もの忘れ」で、それは48才のときだった。 当時、新しくコンビニのパートに勤めはじめた。 店長...
タイトルとURLをコピーしました