汚部屋│1032個捨てたので、調律師さんにお越しいただけたのに、大量の「アレ」がバレた (その1)

「すぐにバレちゃった」という文字と、「時計に隠れる男性」のイラスト ピアノの調律

汚部屋だと「ヒトが通れる通路」がない

汚部屋で、なにが困るって、

ヒトに来てもらえないんだよね。
床可視率10%ぐらいだと、ふつうに歩ける余地がない。

するとまあ、よく聞くところでは、

・マンションの消防点検に来てもらえない。
・下水点検に来てもらえない。
・エアコンが故障しても、修理してもらえない。

とかで、私はどこに住んでも汚部屋にしてしまうので、前の住まい(持ちマンション)で、点検はバックレてた。

お手数ですが、どれかをポチして → またお戻りください。とっても励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ




汚部屋を掘って、出てくるピアノとは?

べつに、火災報知器とか、下水とか、どないでもかめへん。

けれども、ピアノの調律だけは、やってもらわないといけない。

ピアノ、ちょっとずつ、音狂ってきよります。

「汚部屋 消防点検してもらえない」てな検索は、なんぼでもヒットする。

▼しかし、「汚部屋 調律してもらえない」で検索すると、私のブログが、恐ろしく上位に君臨していた。

「汚部屋 調律してもらえない」の検索結果

「汚部屋 調律してもらえない」の検索結果

なぜだっ?!
ピアノ持ってるヒトは、汚部屋にならねえのかよっ?!

「汚部屋片付け」の動画って、好きでよく見るけど、まず生ピアノは出てこないんだよね。

片付け業者さんが、堆積している汚部屋を発掘していくのだが、そうそう、電子ピアノが出てきたのは、1回見たことある。

1m以上の高さまで、みっしりゴミで埋め尽くされている、汚部屋を掘っていったら、あらあら、電子ピアノが!ってのは、あったな。

でも、生ピアノが発掘されたってのは、まだ見たことない。

あ、話がそれるけど、汚部屋発掘していったら、いっちゃん下から電気カーペットが、それもしっかり電源入れっぱなしのヤツが出てきて、アノ動画はスゴかったなあ。

そのぐらい「動じないヒト」って、ある意味、才能だよねえ。



どのぐらいの部屋なら、調律に来てもらえるか?

さすがの私も、床可視率ゼロまでは、いったことがない。

本人だけがわかるケモノ道が、いちおうあるのだ。

動画で何十万回も再生されるような、「腰までの高さのゴミ」「肩までの高さ」「頭上を超えて、天井までわずか30cm」とかの汚部屋には、ぜんぜんかなわない。

床一面をゴミで覆い、ソレを踏み固めて、ゴミの上で寝起きする生活は、まだ経験したことがない。

たぶん「有機系のゴミ」(惣菜のパッケージとか)は、かろうじて捨てているからだろう。

なんか中途半端な汚部屋で、ちっとも迫力がない。
悔しい。

でも、「汚部屋で、調律してもらえない」人間としては、検索順位で、かなりトップクラスだ。

そんなババアが、ようやく調律師さんを呼べるようになったのだから、うん、よくがんばったのう。

▼ピアノの周辺は、こうなった。

グランドピアノ周辺

グランドピアノ周辺




▼玄関から入って、まっすぐちゃんと、歩けるようになった。

居室から玄関を見たところ

居室から玄関を見たところ

▼ただし、グランドピアノの下には、まだモノがどっさり。

グランドピアノの下

グランドピアノの下│まだ汚い

▼電子ピアノ周辺も、まだ、ごちゃついている。

電子ピアノ周辺

電子ピアノ周辺

しかし、玄関から部屋まで、だれでも歩けそう。

かつ、グランドピアノ周辺は空いているから、もう調律師さんに来てもらえるね。



いまの時点での、ビフォーアフター

▼電子ピアノ周辺│ビフォーアフター

電子ピアノ周辺│ビフォーアフター

電子ピアノ周辺│ビフォーアフター

このぐらいなら、どうでしょ?

70点? 80点?

妹は、キビしいんだよね。

「ゴチャッとハミ出ているモノを、ちゃんと収納しなさい」って、言われそう。

とりあえず、調律最優先なので、もうちょっと待ってね~

▼台所~玄関│ビフォーアフター

台所~玄関│ビフォーアフター

台所~玄関│ビフォーアフター

「床置き」は撤廃した。

これなら、調律師さんも通れるよねっ?!



調律師さんが、訪れるやいなや、目にしたモノとは?

それで本日、晴れてめでたく、調律師さんにお越しいただいた。

ご都合お伺いのメールは、先月21日にお出ししたところ、「11月3日でしたら」というお返事をいただいていた。

午前中に、私の近隣で、もうおひとり調律するかたがおられるらしい。

調律師さんは、かなり遠方なので、私は「ついで」にしていただけると、非常に気がラクだ。

わざわざババアひとりの調律だけなんて、いや、そんなん、困るわっ!

ということで、部屋も「新道」が開通したし、調律も「ついで」だし、ちょっとばかり緊張がやわらいでいた。

ところが、だ。

その調律師さんが来られて、ごあいさつもそこそこ、数分も経たないうちに、こうおっしゃった。

調律師さん
調律師さん

あ、〇〇〇〇〇がありますね!

むう……、そ、それは、まだ片付けがデキていなかったんだよ。

まさか瞬時に、バレるとは?!

ほんまは、なくしておけたモンなんだけどねえ、その114個

同じカテゴリーの、つづきはこちら
汚部屋│1032個捨てたので、調律師さんにお越しいただけたのに、大量の「アレ」がバレた (その2)
電子ピアノ周辺が、ごっちゃりのままだった 結局のところ、「1000個捨てチャレンジ」の目的も、「できるだけ早く調律してもらいたいから」だった。 なので、片付けは、まだまだ不完全だが、 まあ、調律師さんが、部...
同じカテゴリーの、前回はこちら
迷惑かけまくりの末の調律|え?タッチまでこんなに変わる?!
「やりたくないこと」「わからないこと」「できないこと」「忘れること」「慣れないこと」が、トシを重ねるにつれてどんどん増えていく。ありゃー、まー、こんな老後になるとは、若いときにはぜんっぜん予想できなかったよ。 その「やりたくないこと」...






タイトルとURLをコピーしました