なんでも自由に捨てていい│ブログも捨てていいんだよ

「ほら、残りはこれだけ」という文字と、「砂時計を持つ天使」のイラスト 汚部屋脱出作戦「1000個捨てチャレンジ」

捨てたら捨てただけ「解放」される

「1000個捨てチャレンジ」のおかげで、いままで累計1099個捨てられた。

ユルいルールだから、宅配ラベル1枚でも「1個」と数えている。

まあ、私はズボラだから、住所名まえが書いてある紙ゴミは、ついメンドーで放ったらかしにしていた。

捨てて「快感」が大きいのは、服とバッグ。

とくに「服」は、ハンガー掛けが18着になったので、気分としては、

これでもう、一生「服」に悩まされなくなった。

と、すごく開放感がある。

お手数ですが、どれかをポチして → またお戻りください。とっても励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ




その「モノ」って、どんなメッセージを出しているか?

バッグは、4個残した。

そのうちのひとつも、たぶん捨てられそう。

キレいなんだが、小さめで中途半端なヤツ。

ソレ捨てたら、実質「スーパー買い物用リュック」と「エコバッグ」と「ピアノレッスン用バッグ」の3個だけになるかも。

「捨て」をつづけていると、「なにか少しでも不満があるモノ」が、かなりうっとうしく見えてくる。

「モノ」が、私に対して、ある種の妥協を迫ってくるかのようで、ウザッたいのだ。

「モノ」に、「ちょっと使いにくいけど、もっと使ってくれよう」なんて、上目遣いで媚びてほしくない。

なので、だんだん「モノが発するメッセージ」に敏感になってきた。

その「モノ」が、私に「とても好意的か? すごく協力してくれそうか?」という尺度で計るようになってきた。



それ、ほんとに、残り人生で使えるモノか?

まあ、なにせ、もうじき60才なので、まともに「モノを使う時間」もおよそ10年しかない。

その10年間に、どのぐらい必要か?ってことだね。

とくに、「生活に直接関係ないモノ」を、どのぐらい持っておくか?

たとえば、まだふんぎりのつかない本が、数十冊あるけど、それ、ほんまに読むの?

読むための時間を、どうやって捻出するの?

読んだら「かしこくなったり」「役に立ったり」しそうに期待しているけど、オツムはだいじょうぶなん?

と、具体的に考えてみたら、もう本は、1冊でいいかもしれない。

その残す1冊とは、読んでいない本ではなくて、これまでに何回もペラペラ参照している本だ。

↑この本、索引がないから、「ええと、アレはどこに書いてあったっけ?」と、その都度ページをめくって探さないといけない。

いつ買った?

ああ、2010年7月12日だ。48才のときだから、記憶がおとろえはじめたころだね。

やっぱり断片しか覚えていないので、いつも「アレはなんだっけ?」とめくっている。

1冊でもそんなんだから、ほかの本はもう処分しようかね。



ヒトによって「時間の長さ」は異なる

もともと「ふつうのキャパを備えているヒト」は、ふつうに「ああして、こうして、仕事も趣味も人付き合いも」と同時並行処理できるんだろう。

しかし、私は、あらゆることの処理が遅い。遅すぎる。

以前は、そのグズさ加減は「もっと努力すれば、もっと早くデキるようになる」と思っていた。

けれども、どこのパートでも、使いモノにならなかった。

18才から59才まで、どこで働いても「遅すぎる、おかしい」とあきれられてきた。

いまはもう、あまりにしんどいから、働くことも辞めてしまった。

無職になったら、ぶらぶらラクになるかと期待していたのに、まったくそうではなく、毎日忙しい。

ブログを書くのも、4~5時間かかる。どうかすると8時間以上かかったりする。

仕事がデキないのとおなじように、文章を書くことも、人並みにデキない。

シャワーを浴びることすら、むずかしすぎて、このごろは2時間半もかかる。

洗濯も難易度が高い。月に1度がやっとだ。

いろんなことがデキなくて、しんどくて、まるで「刑罰」のようになってしまう。

けれども、ここ最近ようやく、

それが、私の標準の時間」なんだよね。
遅くも早くもない。

そう思えるようになってきた。



他人から押し付けられた時間割は、とてもしんどい

学校でも会社でも、「時間が決まっている」。

何時までに来いとか、何時までにコレやれ、アレやれとか。

もしかしたら、私はそういう「他人が決めた時間割」に、ものすごく縛られていたのかもしれない。

いまはすでに、学校も会社も関係ないのに、「まぼろしの時間割」に合わせようとがんばっていた。

いやあ、時間割は「自分」が決めていいのにねえ。

シャワーに3時間4時間かかっても、だれにも怒られない。

ちなみに、なぜ長時間かかるかというと、なんでもそうだが、「なにをしたらいいのか、わからなくなる空白時間」が、しょっちゅう挟まるからだ。

自分でもよくわからないが、なにもデキなくて、ぼーっと停止している時間がかなり多い。

他人が見ていても、私は、ほんとにぜんぜん動かずに停止しているらしい。

これは、トシを取るにつれて、ますます増えてきている。

しかし、ソレを「悪いコト」だとか「改善しないといけない」などとは、思わなくなってきた。

もう、ソレは「個性」だからね。

脳ミソが、そういう造りになってるんだよ、きっと。

自分でも、ぼーっと魂が抜けたみたいになっているのは、心地いいので、まあ、好きなだけぼーっとしていようと思う。



人生の時間割は、自分で決められる

モノを捨てたら、だんだんハッキリしてきたが、私は、ものすごく「少ない」ほうが、ラクに生きられそうだ。

持ち物をできるだけ少なくして、そのモノを使う時間をたっぷりゆったり取る。
ああ、そんなふうにしたら、ラクに生きられるかもしれない。

と、はじめてわかってきた。

本だって、1冊にしたら、ずいぶん気がラクになるよね。

ブログだって、やめたかったら、明日にでもやめたらいい。

しんどいことは、ぜんぶやめてかまわない。

残りはせいぜい10年。

24時間365日×10。

それをどう使うか?

そんなん、当たり前だけど、自分で決めたらいいだけだ。

いま現在、私にとって、もっともハードルが低いモノは、ピアノだけだね。

オクターブやめて、早く弾くのもやめたら、ピアノがいっちゃんラクチンなモノになったよ。

同じカテゴリーの、前回はこちら
年寄りなんだから、優先順位決めておかないと、ホレ、お迎えが来ちまうよ
「捨てる」のが停滞している あれ? マズいな。 「捨て」モチベーションが下がっているよ。 「1000個捨てチャレンジ」は、数だけなら、もう1000個を超えている。 でも、私はモノが多すぎて、まだまだ捨て足りない。 ...
タイトルとURLをコピーしました