汚部屋住人だったのに、いま物欲がごっそり減った理由

「食料は買うけどさ」という文字と、「買い物カゴを持った女性」のイラスト 汚部屋脱出作戦「1000個捨てチャレンジ」

最近、めっきり買い物をしなくなった。

とくに、アマゾンと楽天市場で買わなければ、まずネットショッピングをしないで済む。

てか、そもそもなぜ買い物を控えるようになったのか?

いっちゃん大きな理由は、「健康寿命75歳まで、あと15年しかないから」ということだ。

お手数ですが、どれかをポチして → またお戻りください。とっても励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ





こいつをきっぱりはっきり自覚してもうた。

するとだな。

ネットで欲しいモンを見つけても、

「え? あと15年しかないのに、それ買う意味あるん?」と思うわけよ。

たとえば、イヤリング。

ワイスチャームって、天然石なのにめっちゃ安くて、ついふらふらと買いたくなる。

ほんまに、ようダマされとりました。

もう3つも持ってるよ。




それなのに、うっかり見るとまた欲しくなる。

きっと前世はカラスだ。

しかし、残り15年ともなれば、さすがに「なんの役にも立たんモン、買うか? 買って、それがなんのプラスになるんじゃ?」と冷静になる。

なので、とりあえず楽天市場のお気に入りに加えたものの、いやあ、やめよう、削除だな。

そういう「生活必需品じゃないモノ」は、結局、ぜんぶ削除してしまった。

いま、楽天市場のお気に入りは4個だけ。

4個とも生活用品で、いずれ在庫がなくなったときに注文する予定のもの。




アマゾンのほうは、「ほしい物リスト」にやたら本がどっさり入っているが、これも買うつもりなし。

まあ、ウチにある本をすべて読み終えたら買ってもいいか。

すると、たぶんもう新規に買うことはないね。

持ってる本、だいぶん処分したけど、まだ30冊ほどはあって、いやいや、それも読み切れないってば。

本も、老化が進んで読めなくなったので、「健康余命15年」だと、もういらないよな。

つまり、「あと15年の設定で、それ、ほんとに使いますか? 価格に見合う使いかた、できますか?」と訊かれたら、ほとんどのモンが不要になる。

それ買って、75歳まで持ってて、なんか意味あるん?っつったら、いや、べつになんにも。




去年「1000個捨てチャレンジ」で、1000個ちょっとのモノを捨てた。

大半が「使わなかったモノ」だった。

ちゃんと使うモノって、ほんと少ししかない。

もしモノを買うとしても、それ、いつどんなときに年に何回使うのか?って具体的に考えるとねえ。

ほんま、生活必需品以外のモノって、まず使わないから、ああいらないなあって。

もうじき60歳だが、ようやく「ムダな買い物」をしなくなったよ。

「残り15年」とわかって、その15年で対象物を何回使うかとか、15年後どうするとか、そこまで見えてきた。




で、はじめて「買う前によく考える」ようになった。

まあ、モノになにか期待するより、自分が動くほうがいいかもしれない。

ピアノ弾くとか、ウォーキングするとか。

そっちを忙しくしているのも、物欲が減った理由だな。

同じカテゴリーの、前回はこちら
物欲との戦い│1月に魔が差して買ってしまったモノ
去年に「1000個捨てチャレンジ」をやって、ごっそりモノを捨てた。 で、これからはもう買わないぞ。 ほんとに必要なモノしか買わないぞ。 基本、生きるのに必要不可欠なモノしか買わないぞ。 お手数ですが、どれかをポチして →...
タイトルとURLをコピーしました