そういえば、ピアノ弾くには手が小さすぎた

毎週いつも必ず、月曜日は安定して絶望している。
なぜなら、火曜日がピアノのレッスンだからだ。

あのさ、ピアノ続けるかぎり、永遠にこのパターンを繰り返すのかね?
べつにイヤなわけじゃねーんだけど、そりゃま、好きこのんでヒーヒー言うとるんやけど、もうちっとなんとかなれへんの?

この一週間の練習時間は、平均2時間55分だった。
そのわりにドレもコレもかなり出来が悪いっ! なーんでこーんなに弾けねーんだろーっ?!

▼とくにベートーベンソナタ1番1楽章がどうにもならない。

やっぱり激しくむずかしいわ。さすがにこのレベルは手に負えんわ。
それなのに、ペダルまで入ったから、いや脳ミソフリーズしまくりやわ。

▼ちょっとでもテンポ上げると、ここらへんの三連符が全滅する。先週も絶滅してたのに、ぜんぜん治ってない。
▼ワシ、手がだいぶん小さい。右手、オクターブは横からちょっとしか乗っからないから、こんなとこは死にたくなる。
▼ということで、最後のあたりのオクターブ和音は、右手、いちばん下の音をぜんぶ省いて弾いてる。小学生かよっ?!
ええと、たぶん大半のひとはこのぐらいの和音はちゃんと押さえられるんじゃないかな?
でもなあ、ムリすると痛くなるし。
しっかし、こんなに届かなくてこれから先どーすんだっ?!

つまり、自分の手が小さすぎってこと、忘れとったわ。
まあ、中学1年でレッスンやめたから、たぶんそのころはオクターブが弾けなくて当たり前だったんだろ。

オクターブ、ちゃんと上から押さえる余裕のあるヒトがうらやましいけど、こればっかりはどうしようもない。

手が小さかろーが、トシで暗譜ができなかろーが、いっつも三歩進んで二歩下がろーが、ピアノやるって決めたからにはやる。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ にほんブログ村 ランキングに参加しています。お好みのカテゴリーをポチッてくだせえ。おねげえしますだ。