日々のあれこれ

これからは「だれかのキゲン」に振り回されない

そういえば、これまでずっと、「母のキゲン」に振り回されてきた。 いや、母が悪いんじゃないよ。 私が勝手に、好きこのんで(?)、振り回されてきましてな。 たぶんコドモのときから、ずーっとだなあ。 お手数ですが、どれかを...
日々のあれこれ

お母さまを天国から地獄へ引きずりおろしてしまった

ネットで見ていると、高齢者が胃ろう造設をした場合、1~2週間で退院しているようだ。 母が、胃ろう造設したのは1月17日。 なので、さいしょ私は、1月いっぱいぐらいで退院できるかと思っていた。 病院に対して、家族が電話するこ...
日々のあれこれ

「お母さん」が最強の存在である理由

今回、母が延命治療をしたことにより、私には、非常にたくさん「与えられたモノ」があった。 まずなによりも、母が「生きていてくれる」こと。 いま現在は、しんどいこともなく、胃ろうで栄養をとって、ちゃんと生存している。 コレが、...
日々のあれこれ

愚かだった私│老いておとろえていくのは、ごく「自然」なこと

なにかの拍子で、母が骨折したとしても、ようやく怖くなくなった。 そしたら、少なくとも「私は」とてもラクになった。 考えてみたら、母の身の上がどうなるか?なんて、だれにもわからないのに、 いったいなにを心配していたんだろう。...
日々のあれこれ

もし母が骨折しても、ちっとも怖くなくなった理由

おとつい母に面会したとき、もう母が、シルバーカーを使っているとわかった。 去年11月30日、入院してからは寝たきり。 その後、ちょっとずつ回復して、車椅子で移動できるようになった。 でも、車椅子から便座へ移るのは、自分でし...
日々のあれこれ

ヒトに気を使い遠慮ばかりしてきた90年の人生

昨日の面会は、とちゅうで看護師さんが加わり、在宅での胃ろうケアのお話もあって、けっこう長い時間だった。 母は、おおかたの間、私にお礼ばかり言っていた。 「ありがとう、いつもお手紙、ありがとう。 何回も読んでるのよ」 ...
日々のあれこれ

「小さいおばあさん」になってしまった母

2週間ごとなら、面会が許されている。 その2週間が、あれ? 早く感じた。 それはたぶん、もう安心しているからだろう。 胃ろう造設が終わって、ちょうど3週間がたった。 お手数ですが、どれかをポチして → またお戻りくだ...
タイトルとURLをコピーしました