2018-09

心理学っぽいあれこれ

燃え尽きた理由 その2 ヒトに認めてもらいたかったから

思い返せば、ずっとむかしから挫折ばかりしている。 今年にはいってパートから逃げ出し、趣味ではじめた合唱もやめることにしたが、それはべつに今年にかぎらず、はるかむかしから同じパターンを繰り返している。 そう、心理学でおなじみの「パター...
心理学っぽいあれこれ

燃え尽きた理由 その1 あんたのキャパはどのくらい?

2ヵ月でやめた合唱にしても、5ヵ月でケツを割ったパートにしても、やりはじめた当初はとてもおもしろかったのだ。 つまらないわけでもないし、強制されているのでもないし、みずから好きこのんでむさぼるようにのめり込んでいった。 それになのに...
合唱

ああ、またひとつ挫折が増えた

また挫折してしまった。 私は飽きっぽいので、なにかをはじめてもとちゅうで投げ出すことが非常に多い。 で、またしてもみごとにやる気がうせてしまった。 今回は、ソレをはじめたときからブログに逐一くわしく書いているので、いやあ、さすがに...
日々のあれこれ

皮膚科の先生なのに意外なひとこと

旅も長くなるといろいろハプニングも起こる。 モノは壊れるね。前回は腕時計が壊れたが、今回はカメラのズームレンズが壊れた。 いまはアマゾンからコンビニ宛に配送してもらえるので、なにも心配いらない。 で、クリニックのお世話にもなる。 ...
心理学っぽいあれこれ

ヒトに嫌われることを極度に怖れていたけれど

私は、だれかに傷つけられることを怖れていて、その結果ヒトと接することを避けている。 まあじっさいは、そのことをまだきちんと自覚できていなくて、自分では「なんとなくしゃべるのがめんどくさいから話すのをヤメておこう」という感じだ。 でも...
心理学っぽいあれこれ

「さびしさ」をすなおに認めたあとには

ひとりでいるのが好きだ。 とくに自然のなかでは、ひとりだけでそのうつくしさに浸っていたい。 稚内の二ツ岩で、引き潮のときにしか行けない浜を歩いたときも、 野付半島の端までたどったときも、 ひとりきりだったからこそ、一点の曇りもな...
心理学っぽいあれこれ

私にとって理想的な人付き合い

ヒトと接するのが苦手だ。話をしているだけで、すぐにストレスが溜まってくる。 たいてい相手の話をガマンして聞いていて、こっちは何も話せないのでイライラがつのり疲れてくる。 たまに自分がなにかを話してみると、逆に「こんな話はつまらなくて...